アルバイトを新しく探す上で、
時給の高さが気にならない人はいないだろう。

実際問題、
多くの人がアルバイトを探す上で、
時給という項目はかなり重要視しているように思う。

そして、
アルバイトを始める人の多くは、
時給の高さと辛さの関係について
気になる人も多いのでは無いだろうか?
(時給が高ければ高いほど、
やはりそのアルバイトはキツいのかどうかなど。)

そこで今回は、
数多くのアルバイトを経験してきた私の実体験を基に、
アルバイトの時給と辛さの関係について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

アルバイトと時給

完全に実体験の話ではあるが、
私の実体験からすれば、
アルバイトは
基本的に、
時給が高ければ高い程

仕事内容は辛い

私の例でいうならば、
テレフォンアポインター(テレアポ)というアルバイトが、
今までのバイトで一番時給が高く、
その時給、
1500円だった。
(昇給して1500円ということではなく、
いきなり1500円からスタートだった。
また実際は様々な賞与がつくため、
時給換算すれば1500円よりは高くなる可能性が高いが。)

このテレアポのバイト、
ひたすら家に電話をかけて、
アポイントを取るという、
まあ単純といえば、
単純なバイトなのだが、
なんせ、
精神力の消耗が凄い

というのも、
普通に考えて、
知らない男性から電話がかかってきて、
それもセールスの電話である。

普通の人間ならば、
「結構です。」
の一言で、
電話を切られる。

話なんか当然聞いてくれない。

また、
電話に出れば、
いきなり電話を切られる、
俗にいう、
ガチャ切りされることも多く、
とにかく精神力を削られるバイトであった。

向き不向きは多少あるが、
働き始めて1日でテレアポのバイト自体を辞めるものも少なくなく
長く続く人の方が少ないアルバイトであった。

他にも引越し系のアルバイトで、
イベント設営の手伝い等のバイトをしたこともあったが、
これも時給換算すると、
1200円くらいあったが、
むちゃくちゃしんどかった。

またこのような高時給アルバイトは、
面接や求人広告などでは、
本当のことを言わず、
いいことばかり、

つまり、
楽して稼げますよ、

とか、

誰でも時給◯◯◯◯円!

とかで、
煽る(あおる)のが、
常套(じょうとう)手段である。

しかし、
実際には、
時給が高ければ高いほど、
その仕事内容はつらく、
また、
キツイものが多いのが現状である。

楽して稼げるバイトなどない

まあ、
結論、
ここに行き着くのだが、

楽して稼げるバイトなど無い

というか、
アルバイトが楽であれば、
時給を多少下げても、
人は多く集まるので、
経営者からしてみれば、
時給を上げる意味が無いのだ。

給料がいい、
時給が高いということは、
その金額でなければ、
誰も仕事をしないから、
その金額になっているのであり、

時給が高いバイトには必ず裏がある
というのが私の体験から導き出せる結論である。

楽なバイトの探し方

地道が一番

アルバイトにおいては、
地道に稼ぐのが一番である。

確かに、
短期の高収入アルバイトなどは、
一般のバイトに比べれば、
時給が高く、
かなり魅力的にうつる。

しかし、
結局は継続して、
アルバイトをしなければ、
お金を稼ぐことは難しい。

長く続くバイトとは、
時給がそこまで高くないバイトである。

普通の仕事でもそうだが、
給料が飛びぬけていい仕事は、
やはり、
その分、
非常に辛い仕事である可能性が高い。

訪問販売などがそうだろう。

私は、
訪問販売などの経験もあるが、
確かに給料もよかったが、
仕事はとんでもなくキツかった

訪問販売の場合、
入社1か月目で月に100万以上稼ぐ人間もいるが、
その仕事内容というのは、
他の仕事に比べて圧倒的にキツいように思う。

終わりに

とにかく、
高時給のアルバイトには必ず裏が有る

時給が高ければ高い程、
辛い・キツいアルバイトと思っていいだろう。

確かに、
時給が高いということは、
アルバイトをする上でモチベーションを維持しやすかったり、
また魅力的に見える気持ちはわかる。

ただし、
時給だけにつられずに、

自分が継続して、
その職場で働くことが出来るか、
よくよく考えて、
アルバイトを選ぶべきだろう。

なぜならば、
アルバイトは長期的に働く方が、
結果的には大きな収入を得ることが出来るからである。