店舗販売のアルバイトについて、
話をしたいと思う。

スポンサーリンク

店舗販売のアルバイト

これは、
私の初めてのアルバイトだったのだが、
初めてのアルバイトは、
高校3年生の時
ある店舗での販売のアルバイトだった。

自転車の販売のアルバイトで、
主な業務は、
買いに来た客に自転車を販売すること

また、
稀に自転車の整備をするという感じだった。

整備といっても、
簡単なものばかりで、
ベルをつけたり
タイヤの空気を入れたり
自転車の簡単な点検などがほとんど。

時給は、
765円と猛烈に安かったが、
業務自体は、
厳しいものでは無く、
また人間関係も、
イヤな人間がいなかったので、
特に不満は無かった。
(約一名、
ウザいパートのおばさんがいたが。)

また、
この自転車の販売のアルバイト、
ホームセンターの自転車売り場だった。

辛かったこと

このアルバイト、
辛かったことは、
特に無い

まあ、
稀にイヤな客はいたが、
そこまで変な客はいなかったし、
何せ責任が無かったので、
本当に楽だった。
(当時は大学1回生だったので、
今思えば責任なんて負わされるわけも無いが。)

今思い返せば、
時給が安すぎたということは、
あったが、
当時は初バイトということも有り、
まあ、そんなものかと思っていたと思う。

販売のバイトのメリット

自転車売り場に関わらずだが、
販売のバイトのメリットとして、
コミュニケーション能力が上がる
ということが挙げられる。

勿論、
実際に店舗に足を運びに来る人相手なので、
そこまで高いコミュニケーション能力が必要にされるわけでは無いが、
それでも、
老若男女問わず、
様々な人と会話をしなければならないので、
ある程度のコミュニケーション能力は育つ。

また、
工場のアルバイトのように、
単純作業の連続では無いので、
割かし、
バイト自体に飽きることは無かったと思う。

接客のバイトは、
確かに人と接することが苦手な人にとっては、
苦痛しかないかもしれないが、
そうではなく、
人と接することが好きな人
得意な人にとっては、
天国のようなバイトといえると思う。

終わりに

店舗販売のバイトは、
その時給からも、
非常に楽なバイトだった。

人間関係に関しても、
イヤな人間が少なかったこともよかった。

流石に時給が安すぎたので、
2年経たずにバイトを辞めてしまったが、
それでも、
決してイヤなアルバイトでは無かった。

長期アルバイトだったので、
初めてアルバイトをするような人は、
店舗販売のような、
時給は決して高くないが、
そこまでしんどくないアルバイトは非常におすすめである。

店舗販売のアルバイトを探すならジョブセンスがおすすめ