コールセンターのアルバイトについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

コールセンターのアルバイト

コールセンターのアルバイト、
と一口にいっても2通りある。

受信式のコールセンターのアルバイトと、
発信式のコールセンターのアルバイトだ。

受信式はその名のとおり、
かかってきた電話に対応するアルバイト

クレーム対応や、
何か商品の説明をするのが主な仕事だろう。

もう一つは、
発信式のアルバイト

これは、
自ら電話をかけて営業などするアルバイトのことだ。

受信式のアルバイトの方が、
給料が安く
割と誰でも出来る

発信式のアルバイトは、
給料が高く
仕事はキツい

発信式のアルバイト

私が体験したのは、
この発信式のアルバイトである。

俗にいう、
テレフォンアポイントメント(テレアポ)と呼ばれる、
アルバイトだ。

仕事内容は、
全く知らない個人の家に電話をかけて
商品を売る(アポを取る)というもの。

私が経験したのは、
太陽光発電や、
エコキュートなどのエコ(環境)関連商品のテレアポ、

そして、
インターネット回線、
フレッツ光のテレアポである。

また、
仕事自体は、
営業トークマニュアルがあるので、
そのマニュアルに沿って音読していくだけなので、
誰でも出来る。

時給

時給に関しては、
900円~1500円の間だった。

成果主義なので、
取ったアポの件数や、
成約の数によって時給は変わる

テレアポバイトに向いている人、向いていない人

テレアポバイトに向いている人だが、
まず、
人と話すことが苦にならないこと。

人と話すのがイヤだと、
この仕事は向いていない

それと、
成果主義が好きな人。

つまり、
やればやった分だけ、
給料に跳ね返る仕事が好きな人だ。

そうでない人は、
この仕事をするべきではないだろう。

テレアポバイトのキツい点

テレアポバイトのキツい点として、
とにかくメンタルがキツい

というか普通に考えて、
知らない人から、
電話がかかってきて、
それも営業されるのである。

ウザい。

なので、
ボロクソ言われる。

もしくは、
無視、
ガチャ切りされる、
などである。

ほとんどが、
これ。

たまに話が出来るくらいだ。

なので、
テレアポバイトの離職率は半端ない。

これは、
営業全般、
特に、
訪問販売などもそうだが、
向いていない人は、
一瞬で辞める

1日とか2日とかで辞める人もザラである。

その分、
向いている人は、
昇給が早かったり、
給料が異常によかったりするのが、
テレアポバイトのメリットでもあるのだが、

実際に、
結果を残すことが出来るのは、
一握りの人間だけである。

ほとんどの人間が、
秒速で辞める
もしくは契約が取れず、
面白くなくなっていき辞めていく

これが、
テレアポバイトの現実

結論

とは言っても、
テレアポのバイト
は確かに、
給料がいい

そして、
夏はクーラーの中、
冬は、
エアコンの中で、
非常に快適に仕事が出来る。

しかし、
クレームを言われたり、
客から冷たいことを言われたりと、
決して楽なバイトでは無い

個人的な話だが、
私は非常にテレアポのバイトが向いていたようで、
テレアポは好きなアルバイトのうちの一つである。

成果が出るとテレアポは楽しい

営業職全般に言えることだと思うが、
成果が出るまでは地獄だが、
成果が出始めると、
これほどやりがいがあり充実感がある仕事は、
営業職(成果主義の仕事)以外に無いだろう。

人と話すことが好きだったり、
やればやった分だけ、
給料に反映されるような仕事をしたい人は、
チャレンジしてみてもいいかもしれない

テレアポバイトを探すならジョブセンスがおすすめ