ブラックバイトを見極める時のコツについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

ブラックバイトについて

まずは簡単に、
ブラックバイト
について、
話をしていきたいと思う。

ブラックバイトは、
その名の通り、
ブラックなバイトのこと。

ブラック企業などという言葉が、
今は非常にメジャーになってきているのが、
ブラック企業のアルバイト版が、
ブラックバイトである。

簡単に言うと、
ブラックバイトとは、
時給に見合わない、
アルバイトのこと

例えば、

時給が900円しかないのに、
死ぬほど仕事がキツイ

残業代が支払われない、
給料が決められた日までに支払われない

などである。

ブラックバイトの見極め方

ブラックバイトの見極め方としては、
まず、
常に求人をしているようなアルバイトである。

これは、
募集をかけても募集をかけても、
どんどん人が辞めていってしまうので、
何度も何度も求人をかけることになってしまう

普通、
いいバイト、
割のいいバイトは、
なかなかアルバイトが辞めないので、
なかなか求人がかからない。

長期アルバイトでいえば、
本屋のアルバイト
短期アルバイトでいえば、
試験監督や、
交通量調査のアルバイト
などだろう。

本屋のアルバイトは、
割のいいアルバイトで有名だが、
募集がかかっていることは滅多になく、
また、
短期アルバイトでは、
試験監督、
交通量調査のアルバイトなどは、
比較的早く埋まるアルバイトだろう。

ショットワークスなんかで見ても、
特に、
試験監督のアルバイトは人気があるため、
募集があっても、
直ぐ埋まってしまう傾向にある。

後は、
電話した時の対応などである。

電話をかけたときに、
明らかに出るのが遅い、
もしくは電話が繋がらない、
電話の対応が著しく悪い、

なども非常に危険な匂いがする

時給を一つの目安にする

ブラックバイトは、
時給自体が著しく安い場合や、
その逆に著しく高い場合が多い。

ブラックバイトばっかりは、
正直働いてみないと分からないところが多いので、
一概には言えないが、

極端に時給が高かったり、
極端に時給が低いところは、
避けた方がよさそうである。

ブラックバイトに当たったら

運悪く、
ブラックバイトに当たってしまったら、
すぐにその会社を辞めることをおすすめする。

勿論、
連絡を急に無くす、
俗に言う、飛ぶ、ブチる、
という状態は良くないと思うが、

それでも、
賃金が支払われない、
残業代が出ない、
職場の環境があまりにもキツい、

このような状態で、
ずっと仕事を続けていても、
長続きしない可能性が高いし、
現代だとうつ病になってしまう場合も有る。

勿論、
どんな仕事、アルバイトでも、
働き始めは、
人間関係に慣れるのに苦労したり、
仕事を覚えるのに苦労する場合が多いので、
辛いことは多いと思う。

しかし、
あなたの人生は、
あなたが守るしかないのだから、
しっかりとブラックバイトを見極めて、
毅然とした行動を取る必要が有るだろう。