ニートに向いているアルバイトについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

ニートに向いているアルバイト

あなたがどれくらいの期間、
ニートだったかにもよるが、
ニートに向いているアルバイトは、
楽なバイトである。

楽なバイトとは、
時給が安いアルバイトである。

楽なバイトの探し方

また、
ニート期間が長い場合は、
接客系のアルバイトも辞めた方がいいだろう。
(接客系のアルバイトの経験があったり、
接客系のアルバイトが好きな人は別。)

面接などの受かりやすさから、
工場のアルバイト
また、
短期アルバイトなどから始めてみるのもいいだろう。

※私はしたことがありませんが、
口コミなどを見ていると、
警備系の仕事も採用されやすいようです。

ニートからの脱却

まあ、
そもそもニートという言葉にもいろいろな意味があり、
学生ニートや、
株ニートなどという言葉もあり、
どこからがニートかは分からないが、

現状あなたが、
自分自身のことをニートと思っているならば、
ニートからは脱却した方がいい

私自身もニートの経験があるのだが、

ニートでいることと、
アルバイトなどの仕事に就いていることを比較してみた時に、
ハッキリ言って、
ニートであることの方が精神的に辛い

ニートを経験したことが無かったりする人(場合)は、

「ニートって楽でいいよな」
「ニートまじ羨ましいわ」
「俺もニートになりてぇ」

などと、気軽に思ったり、
また口にしたりするが、

実際問題ニートになってみると、
これはこれでかなり辛い問題である。

まず、
給料が無いということがつらいし、
世間との関わりも無いので、
それも辛い。

アルバイトをしている方が、
よっぽど精神的には楽である。

ニートからの脱却

楽なバイトから始めてみる

まあ、
他にもニートであることのデメリットはいろいろとあるのだけど、
とにかく、
個人的な体験からも、
アルバイトをしている時よりも、
ニートでいる方がつらいことが多いので、
まずは楽なアルバイトから始めてみることをおすすめする。

勿論、
精神的な問題などを抱えている場合などは、
無理に働く必要はないと思うが、
無駄にエネルギーが有り余っているのであれば、
直ぐにアルバイトでもなんでもいいから始めた方がいいだろう。

その方が精神的に楽だからである。

治験バイトもあり

ニート期間が長い場合、
治験アルバイトもありである。

とにかく、
お金を稼ぐということを経験してみる

お金を稼ぐことが出来れば、
やはりそれなりに充実感も出るし、
人生に対するやる気も出てくる

アルバイトによっては、
人に感謝される機会もある。

仕事をしていて、
お金を貰えて、
なおかつ他人から感謝されるということは、
意外に悪くないものである。

現状、
エネルギーが有り余っているニートは、
楽なバイトでいいから、
アルバイトを初めてみるのがおすすめ

あなたが思っているよりも
アルバイトのハードルは高くなく
世間の目もニートに対してそこまで厳しくないからだ。

初めての治験アルバイト