特に今の時代は不景気なのもあってか、
会社員の給料も安く、
また年金受給の問題や、
平均寿命が長くなっていることもあり、
副業ということに関心がある人が、
少し前に比べると非常に多いように思う。

実際にGoogleトレンドというサイトで、
副業と検索された回数の推移を見てみると、

少なくとも、
Googleの検索エンジンを利用して副業と検索する人の数は、
年々増加の傾向にあることが見て取れる。

そこで今回は、
アルバイト、という趣旨と少しずれるかもしれないが、
副業のすすめということで、
副業について話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

副業について

まずは副業について、
簡単に話をしたいと思う。

副業とは、
サイドビジネスのことで、
本業ではない収入源のことを示す。

副業にも様々な種類があり、
今現在、
実にたくさんの副業がある。

思いつく限り書いてみると、

・ヤフーオークション
・せどり
・輸入販売
・アフィリエイト
・FX

などが人気のある副業だろう。

副業をするメリット

副業をするメリットとして、
単純に収入が増えることが挙げられる。

他にも、
雇われ主としてではなく、
事業主としての感覚を養うことが出来るのも副業のメリットの一つだろう。

また、
副業の規模が大きくなれば
そのまま独立起業などの選択肢が出来ることも副業のメリットだろう。

時給で働くことの愚かさ

現状多くの人は、
アルバイトや、
社員でしか働いたことが無い人がほとんどだと思うが、
ハッキリ言って時給で働くことは、
搾取(さくしゅ)以外の何物でもない

私自身の経験、
つまりアルバイトや正社員などで、
時給で働いていたときの経験からもそう思うし、
また、
今現在、私自身が雇用側、
つまり給料を払う側にまわり、
時給で働いてもらっていても、
そのように感じる。

時給や固定給で働いている以上、
いくら頑張っても、
雇用される側が、
会社や個人などの雇用主にもたらす利益のほぼ全てが、
雇用主の利益になり、
自分のもとに帰ってくることは少ない。

時給や固定給で働いている限り、
あなたが頑張れば頑張るほど、
会社が儲かり、
会社が大きくなる。

もっというと、
あなたが頑張ると社長が儲かるだけなのである。

アルバイトや正社員にやりがいの少ない理由

実際のところ、
アルバイトを含め、
ほとんどの仕事がやりがいが無い

なぜやりがいが無いのか。

それは、
頑張っても頑張らなくても、
大して変わらないからだ。

あなたが頑張ったところで、
アルバイトやパートならば、
時給が50円、
せいぜい100円上がるのがいいところだ。

会社員であれば、
月収で1万円、
役職が上がろうが、
せいぜい月収が5万円上がればいい方だろう。

しかし、
副業は違う

勿論、
いかに副業といえども、
全くの0から1円でも利益を上げれるようになるのにもかなりの労力が必要ではあるが、
それでも、
頑張れば頑張るほど
全て自分の利益になって返ってくるのが、
副業の良さである。

特にFXや株式投資など、
レバレッジを効かすことの出来る副業であれば、
(株は信用取引で3倍、
FXなら日本のFX口座であれば25倍、
海外の口座であれば数百倍、
自分の口座にある資金を運用することが可能である。)

個人で年収1億以上稼いでいる人間も、
株やFXのトレーダーの中には、
そう少なくない人数いることも現実である。

参照:年収1億円は2万人以上!? 資産億超えを成し遂げる人は何が違うのか?

副業のデメリット

逆に副業のデメリットとして、
軌道に乗るまではあまりにも大変だということだ。

ほとんどの人が、
そのあまりの大変さに、
1円も稼ぐことなく辞めてしまう(諦めてしまう)のが、
副業の現状だろう。

それどころか、
初期投資が多くかかる副業であれば、
稼ぐ金額よりも、
初期投資の金額の方が多く、
フタを開けてみれば副業を始めてみたはいいが、
赤字だったということもあるだろう。
(むしろ赤字で終わる人の方が多いかもしれない。)

終わりに

とは言うものの、
頑張れば頑張るほど、
全て自分に返ってくる副業は、
基本やった方がいい。

副収入になる可能性も高いし、
将来事業規模が大きくなれば
独立起業出来る可能性が非常に高いからだ。

また特にインターネットを利用した副業は、
リアル店舗などを構えるビジネスと比較して、
圧倒的に初期投資がかかりにくい
ので、
個人的には副業をするのであれば
初期投資が少なくて済む
ネットを利用した副業がおすすめである。

将来性があると思う副業 ベスト5