就活とアルバイトについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

就活

大学生ならば、
3回生ともなれば、
嫌が応でも意識し出すのが就活だろう。

意識の高い学生だと、
1回生や2回生の頃から、
就活を意識している学生もいるだろう。

中には、
学生時代から起業し、
そのまま就活せずに、
自分で会社をやっていくという猛者もいるが、
基本的には、
ほとんどの学生が、
就活をやることになると思う。

就活とアルバイト

就活とアルバイトの関係について、
話をしていきたいと思う。

就活のためにも、
アルバイトは必ず経験しておいた方がいい

というのも、
やはり実際にお金を貰って働くという経験をしているのと、
経験をしていないのでは、
働くことに対するリアリティが全然違うからだ。

アルバイトも様々種類があり、
勿論、
中には楽なバイトもあるだろうが、
基本的には、
お金を稼ぐということは大変なことである。

客だけでなく、
上司や先輩、
後輩にも気を遣わなければならないし、
また、
人間関係だけでなく、
仕事自体も辛いことも有るだろう。

実際にアルバイトをしてみると、
働くこと、
お金を稼ぐことの大変さを実感でき、
その経験は必ず就活の面接や、
エントリーシートの作成等に、
役に立つ。

出来れば接客系のアルバイト

これは、
個人的な話かもしれないが、
出来ることなら、
接客系のアルバイトをしている方がいい。

というのも、
就活に限らず、
人間社会を生きていく上において、
コミュニケーション能力というのは、
非常に重要になっており、
接客系のアルバイトをすることにより、
著しくコミュニケーション能力をあげることが出来るからだ。

一度、
接客のアルバイトをしてみればわかると思うが、
マジで、
変な人というのは多い

例えば、
学生なのであれば、
普通に生きていれば、
30代や40代、
またそれ以降の人間と接する機会など無いが、
アルバイトをしてみると、
頻繁に自分とは全く違った世代と接することが出来る。

また、
男女問わずに接客することになるので、
男性なら、
女性慣れし、
女性なら男性慣れすることが出来るのも接客業のメリットだろう。

普通に生きていれば、
絶対に接することの無い人たちと、
会話するということにより、
会話することの経験値が上がり、
またそれは、
あなた自身のコミュニケーション能力の向上に繋がる。

コミュ力を磨く

特に、
今の時代は、
コミュ力というものが非常に重要になっている。

パソコンやスマホが発達し、
誰でもすぐに欲しい情報が手に入るようになった今、
本当の意味で、
人間の温かみなどが、
重要視されている時代になっている。

今の時代だからこそ、
積極的にコミュニケーション能力を磨けば、
その経験は、
必ずや就活の面接などに活きるだろう。

学生時代は特にコミュニケーション能力を磨く