アルバイトには、
暇なバイト忙しいバイトが存在する。

暇なバイト、
忙しいバイト、
果たしてどちらのアルバイトを選べばいいのだろうか?

実体験から、
お話していこうと思う。

スポンサーリンク

暇なバイト

まずは、
暇なバイトから話をしていきたいと思う。

アルバイトには、
暇なバイトが存在する。

それは、
バイト自体がそもそも暇であったり、
場所的な意味で、
客が全然来なかったりと様々だろう。

例えば、
コンビニのアルバイト。

コンビニバイトは、
駅近などは、
非常に忙しいことが多いが、
郊外にあるコンビニだと、
駅前のコンビニなどに比べて、
暇なことが多いだろう。

他にも暇なバイトの例として、

・セルフサービスのガソリンスタンド
・漫画喫茶
・試験監督

などのアルバイトがあげられる。

忙しいバイト

忙しいバイトは、
客がよく来る場所にあるアルバイトや、
仕事自体が忙しいバイトがあげられる。

上記の例でいえば、
忙しいコンビニなどがそうだろう。

また、
仕事自体が忙しいバイトなどもあげられる。

季節などにもよって、
忙しい季節は、
忙しいバイトが多いだろう。

仕事自体が忙しいバイトの例として、

・居酒屋
・工場のライン
・コールセンター

などがあげられる。

どっちがいいの

個人的な意見だが、
アルバイトは忙しいに越したことは無い

アルバイト経験が無かったり、
少ない人は、

は?バイトなんて暇な方が楽に決まってるじゃん!バカなの?

と思われるかもしれないが、
暇なバイトはマジで苦痛である。

忙しい方が、
充実した気持ちで仕事をすることが出来るし、
何よりあっという間に時間が過ぎ去っていくので、
基本、時給で働くバイトにとっては、
忙しい方が精神的には楽なことが多い

とはいっても

とはいうものの、
暇なバイトが好きな人もいると思うので、
一概には言えないと思う。

私は個人的には、
忙しいバイトの方が好きだし、
暇なバイトは苦痛でしょうがないと思う。

結論

アルバイトは、
忙しい暇だけでなく、
様々な要因が組み合わさって、
優良バイト、
ブラックバイトになる。

とりあえず、
気になるバイトはあるのなら、
見切り発車的に初めてみることも重要

長期アルバイトを探すならジョブセンスがおすすめ

短期アルバイトを探すならショットワークスがおすすめ