あなたの職場には、
俗に言う、
うざい先輩はいないだろうか?

うざい先輩はどこにでもいるので、
うざい先輩の対処法について、
困っている人は多いと思う。

そこで、
今回は、
実体験を基に、
うざい先輩の対応の仕方について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

距離を置く

うざい先輩の対処法として、
まずは、
うざい先輩と距離を置くことが重要である。

具体的には、
無駄に話さないことだ。

間違っても、
うざい先輩と仲良くなろうと思ってはいけない

単純に自分がうざい人と話をするのは、
ストレスであるし、
余計その先輩のことが、
嫌いになる可能性が高いからだ。

いろんな価値観があることを認識する

あなたにはあなたの価値観があるように、
人間には、
いろんな価値観があることを認識することも重要である。

あなたに似た価値観の人もいれば、
あなたと違う価値観の人もいるのである。

いろんな価値観があることを認識出来れば、
うざい先輩も、
うざくなくなる可能性が高い。

最終手段バイトを辞める

最終手段としては、
バイトを辞めるということもありだろう。

どうしてもウザければ、
無理にその職場に拘る必要は無い。

新しいバイト先を探すというのも、
一つの手段だろう。

終わりに

とはいっても、
うざい先輩は基本的にはどこの職場にもいる

また、
うざい先輩は、
なぜうざいのかも考えることも重要である。

あなたのことを思って言ってくれていることが、
意外にウザかったりすることも多い。

私の実体験であるが、
ウザいと思っていた先輩が、
自分が経験を積み、
上の立場になっていけばいくほど、
案外仲良くなり、
「ああ、あの時ああ言っていたのは、
そのためだったんだな」、
と思うことも多い。

今のあなたの立場からすれば、
ウザいだけで、
立場が変われば、
その先輩の言っていることがよくわかる、
というのは結構あるものだ。

そして、
ウザいと思っていた人ほど、
時間が経てば、
案外仲良くなったりするものである。

どうしてもウザくて、
耐えられない程であれば、
会社を辞めるという選択肢もありだと思うが、
経験上、
時間が解決してくれることは多い。

結論

基本的には、時間が解決することが多い。
が、どうしても耐えられない時は、
会社を辞めるのもあり。