接客業をしていれば、
切っても切れない関係なのが、
うざい客である。

あなたも接客業の経験が有ったり、
今現在、
接客業のアルバイトをしているのであれば、
必ずと言っていい程、
うざい客と出会ったことはあるのではないだろうか?

そこで、
今回は、
実体験を基に、
うざい客の対応の仕方について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

相手にしないようにする

ウザい客への対処法として、
基本的には相手にしないようにするのがベストである。

真面目に相手にしようとすると、
精神的に非常に消耗する可能性が高い。

なので、
まずは、
まともに相手にしないことが重要である。

勿論、
無視をするということでは無く、
極力ウザい客とは、
感情を入れて会話をしないということである。

ウザい客が入らない時間にシフトに入る

次にウザい客が来ないような時間帯に、
シフトに入ることである。

もし、
ウザい客がよくくる時間帯などが分かっているのであれば、
そのウザい客が来ない時間帯にシフトに入るようにする。

とにかく、
ウザい客と接する機会を少しでも減らすのである。

ウザい客はどこにでもいることを悟る

接客業をしていれば、
ウザい客はどこにでもいる

ウザいといっても、
いろいろあると思うが、
誰が考えても、
常識が無い客だったり、
ただ単にあなたが合わないだけの場合もあるだろう。

どんな接客業だろうが、
ウザい客は必ずいるので、
接客業の宿命といえるだろう。

また、
ウザい客がいるからこそ、
俗に言ういいお客さんもいる。

いろんな人と出会えるというのも、
接客業ならではのメリットだろう。

終わりに

まあ、
ウザい客は、
接客業をしている限りはどこにでもいる。

ただ、
個人的には、
接客業のメリットは凄く大きいと思うので、
最終的には、
どんな接客業でも、
ウザい客がいることを悟り、
続けていくのがベストだろう。

どうしても耐えられない場合は、
アルバイトを変えることも有りだろう。

結論

ウザい客は、
接客業をしている限りはどこにでもいる。

世の中にはいろんな人間がいることを悟り、
出来るだけ感情を挟まずに、
ウザい客と接していくことが重要。