あなたはアルバイトの面接に落ちたことはあるだろうか?

もしかすれば、
今まさに、
アルバイトの面接に落ちて、
ヘコんでいるかもしれない。

そこで今回は、
実体験を基に、
アルバイトの面接に落ちる理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

採用する人材が既に決まっていた

まず一つ目は、
既に採用する人材が決まっていたパターン

例えばだが、
既に採用する人材が決まっていたが、
採用が決まっていた後に、
求人を申し込んでしまった場合。

こういった場合は、
そのバイト先で採用されない可能性は高くなるだろう。

求める人材では無かった

次に、
あなたがその企業にとって、
求める人材では無かったパターン

例えば、
女性の人材を求めていたのに、
男性であるあなたが求人に来てしまった場合。

学生を求めていたのに、
社会人が来てしまった

フルタイムで入れる人を求めていたのに、
フルタイムで入れない人が来てしまった、

などである。

こういった場合も、
落ちる可能性が高い。

また、
あなたがアルバイトの面接に行った会社のカラーと、
あなたのカラーが合わないのも、
面接に落ちる一つの原因だろう。

明らかにやる気が無い

明らかにやる気が無いのも、
面接に落ちる理由の一つだろう。

例えば、

・履歴書などをキチンと書いていない。
・身だしなみがあまりにもダラしない。
・面接に遅刻してくる。

などである。

アルバイトに求められる能力は、
ハッキリ言って全く高くないので、
普通にしていれば普通に通る可能性が高い。

面接に落ちてもヘコむ必要は無い

ちなみにだが、
面接に落ちても、
そこまでヘコむ必要は無い。

あなたが原因でバイトの面接に落ちたのであれば、
秒速で改善する必要はあるが、
あなたが原因でなく、
アルバイトの面接に落ちることも有るので、
そこまで気にせずに、
次の面接に行くことも重要である。

終わりに

アルバイトの面接は普通にしていれば通る。

1、2回面接に落ちたからと言って、
気にせずに、
気になるバイトがあれば、
どんどん面接を受けていこう

面接に受かりやすいアルバイトの3つの特徴