少しアルバイトの話とはかけ離れてしまうが、
せっかくなので、
学生に向けて単位の取り方のコツについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

単位について

まずは、
単位について、
少しだけ説明しようと思う。

単位とは、
大学を卒業するために必要なもの

文系や理系、
その他特殊な学部(医学部や薬学部など)によって、
多少は違いはあると思うが、
要は卒業するために必要なものと思ってくれれば問題は無いだろう。

単位の取り方について

では、
具体的に、
単位の取り方について、
話をしていこうと思う。

まずは、
授業に出ること

というか、
これがすべて。

そして、
授業中は寝ない

もう、
これだけでほぼ単位は取れる。

勿論、
中には、
テストが難しかったりするものもあると思うが、
それでも多くの学生は、
授業に出ていない、
もしくは、
授業に出ていても、
寝ていたり、
喋っている人はほとんどなので、
真面目に授業を受けるだけで、
圧倒的アドバンテージになる。

というか、
どうせテスト前に焦ることになるのだから、
普段からコツコツと授業に出て、
授業を真面目に聞いている方が、
よっぽど楽だと思う。

大学の最大の目標は卒業すること

大学の最大の目標は卒業することである。

というか、
大学の存在意味なんて、
大卒の資格を取ること以外にない

勿論、
今の世の中、
大卒の資格が何の意味を成すかどうかさえ、
疑問であるが、
それでもないよりはあった方がいいので、
大卒の資格を取るために、
大学に通っているのである。

なので、
大学では、
とにかく卒業することに、
フォーカスを当て行動していくのが理想である。

勿論、
ストレートで卒業するに越したことは無いが、
まあ人生いろいろあると思うので、
個人的には、
留年してもセーフだとは思うが、
大学の最大の目的は卒業するということを頭において、
大学生活を送れば、
後悔の少ない大学生活を送ることが出来るだろう。

終わりに

単位を取る最大の秘訣は、
授業に出てしっかり授業を聞くこと

勿論、
中には難しいテストだったりがあるかもしれないが、
テストが難しければ、
どうせ他の学生も点数を取れていないので、
そこまで気にする必要は無いと思う。

勿論、
文系、理系、などによっても、
多少の誤差はあると思うが、
授業に真面目に出ていて、
単位を落とすことは非常に考えにくい。

単位が欲しければ、
授業に出で、
真面目に授業を聞くことがとにかく重要。