大学生でアルバイトをしている人は、
非常に多いと思う。

アルバイトをしていく中で、
シフトについて、
悩む人も多いと思う。

そこで、
今回は、
大学生アルバイトのシフトの入れ方のコツについて、
お話していこうと思う。

スポンサーリンク

基本学業ベース

アルバイトのシフトを入れる際に重要なことは、
学業をベースにシフトを決めることである。

つまり、
授業があるときは、
極力授業を優先し、
アルバイトを入れないということだ。

アルバイトをし過ぎて、
単位が取れず、
留年してしまえば、
本当に元も子も無くなってしまう。

大学生の本文は単位を取ることなので、
単位を取ることを優先して、
シフトを組むようにしよう。

土日はしっかり稼ぐ

学生にとって、
土日は稼ぎ時である。

バイト先にもよるが、
土日の方が忙しいバイト先というのは結構多く、
土日に出勤することは結構重宝されることが多い。

また、
土日祝日などは、
時給50円100円アップなどの場所も多く、
大学生にとっては、
土日は稼ぎ時である。

長期休暇は稼ぎ時

冬休みや、
夏休みなどの長期休暇も稼ぎ時である。

この時期は、
猛烈に稼げるので、
しっかりとアルバイトを入るようにしよう。

終わりに

とはいうものの、
大学生の唯一の仕事は、
単位を取って卒業することだと思うので、
まずは単位を取ることを優先して、
アルバイトを組む方がいいだろう。

大学生にとって最悪な出来事は、
留年である。

いくら、
バイトでお金を稼ごうが、
留年してしまえば、
生涯期待値は一気にマイナスになってしまうので、
くれぐれも留年だけには気をつけて、
アルバイトをするようにしよう。

また、
就活の時なども、
忙しくなる可能性が高いと思うので、
就活時も、
アルバイトの優先順位は下げて、
就活メインで行う方がいいだろう。