大学生活は、
4年制大学だと4年間であり、
長いようで意外と短いのが大学生活の特徴である。

私は大学は留年もしているので、
色々と痛い目も見てきたので、
今学生の人にとって、
様々なアドバイスが送れるように思う。

そこで、
今回は、
そんな私の実体験を基に、
大学生活を充実させるうえで重要な優先順位を話したいと思う。

スポンサーリンク

4年で卒業すること

大学生活を充実させるうえで最も重要なことは、
4年で卒業することである。

大学生活は、
基本的に、
4年で卒業することを念頭に、
行動していくことになる。

大学生において、
最悪なイベントは留年なので、
とにかく学生生活では留年しないことが、
重要である。

常に4年で大学を卒業するためには、
どうすればいいのか、
を頭に置いて、
行動していくことが、
大学生活攻略のカギである。

留年しないための3つの方法

サークルに入ること

次にサークルに入ること。

サークルには、
情報収集のために入る。

授業の情報だったり、
就活の情報だったりだ。

また、
サークルで彼女探しをしてもいいだろう。

サークルに関しては、
入った方がいい意見と、
入らなくてもいい意見があるが、
基本的には入った方がいい。

メリットもそこまで多くないかもしれないが、
サークルに入ることによるデメリットも少ないからだ。

なので、
基本的には、
サークルには入るようにしよう。

サークルは、
1回生、
2回生ならば、
どんな人でも入れる可能性が高いので、
気になるサークルがあれば、
思い切って、

サークルに入るようにしよう。

サークルの入り方に関しては、
新歓などの行事に出まくる
仲の良い友達に紹介してもらう
大学の掲示板やネット募集など、
興味があれば連絡してみる
などだろう。

面白そうなサークルが無かったり、
自分が楽しめそうなサークルが無ければ、
自分で作ってみるというのも、
一つの選択肢である。

大学生がサークルを選ぶ際の7つのポイント

彼女を作ること

次に彼女を作ること。

大学の環境というのは、
異性との出会いに溢れており
非常に彼氏彼女が作りやすい環境である。

人生の中で、
最も異性との出会いに溢れているのが、
大学の環境なので、
この時期に、
恋愛の経験値を出来るだけ積むようにした方がいい。

また、
単純に学生の間は、
恋人がいた方が楽しいことも多いと思う。

大学時代に彼女を作るというのは、
個人的には学生生活を充実させる上で、
非常に重要だと思う。

【大学生版】彼女の作り方

就活を頑張ること

そして就活を頑張ること

就活に関しては、
あなたの今までの人生すべてが出るので、
特に就活だからと言って何かやるわけでは無いが、
就活も有る程度本気でやった方がいい。

就活も基本的に、
大学生の時にしかやらないことが多いからだ。

これも個人的な体験談だが、
就活を頑張ることはプラスはあっても、
マイナスはほぼ無いように思う。

社会の構造や仕組みなどを知るという意味でも、
就活もある程度本気で取り組むべきだろう。

就活成功のコツ

ゼミを頑張ること

最後にゼミを頑張ること

ゼミに関しても、
大学生でしか経験出来ないことなので、
しっかりとゼミを選び、
また極力ゼミの行事などにも参加するようにした方がいいだろう。

ゼミの充実は、
必ずしも必要とは思わないが、
私の実体験からもゼミは頑張れば
それだけ報われることも多かったり
またいい意味で思い出をたくさん作ることも出来るため、
ゼミを頑張ることはおすすめである。

また、
ゼミを選ぶ場合、
そのゼミの教授と関わることが多くなるため、
ゼミの教授を信頼できるか、
尊敬出来るかをゼミ選びの一つ基準にすればいいだろう。

大学でゼミを選ぶ際の3つの基準

終わりに

とにかく大学生活を充実させるうえで重要なことは、
4年で卒業することである。

4年で卒業出来れば、
それなりに頑張った大学生活と言えよう。

留年することが、
必ずしも悪とは思わないが、
長いスパンで見れば
留年は明らかに期待値が悪いので、
(そもそも留年にはデメリットは多くあっても、
メリットはほぼ無いため。)
極力4年で卒業出来るように、
大学生活は過ごすようにしよう。

また、
大学生でなければできないようなことを、
積極的にやっていくのも、
大学生活を充実させるうえで重要なことだろう。

大学生活で絶対にやっておいた方がいい10つのこと