留年には、
あまり知られていないが、
メリット、
デメリットが存在
する。

勿論、
留年しないに越したことは無いし、
4年で卒業出来ることに越したことは無いが、
一応、
実体験から、
留年のメリット、デメリットについて、
お話していこうと思う。

スポンサーリンク

留年のメリット

留年のメリットとしては、
まず、
モラトリアム期間が1年間増えることだ。

基本的に、
社会人になれば、
仕事仕事で、
学生時代のような精神的に、
心に余裕がある期間を過ごすことは無くなる。

なので、
留年することにより、
社会に出ることを1年間遅らせ、
その期間に、
社会人では出来ない、
学生しかできないことを、
することが出来る。

モラトリアム期間を延ばすことが、
留年の唯一ともいえるのメリットだろう。

留年のデメリット

留年のデメリットとしては、
単純に金の無駄

また、
長い目で見れば、
ストレートで卒業した方が、
期待値はプラス。

また、
留年すれば、
狭い肩身で、
大学生活をしなければならないのもデメリットだろう。

就活の時なども、
留年はマイナスにしか働かず、
やはりデメリットといえるだろう。

終わりに

書いていて思ったのだが、
基本、
留年はデメリットしかない

もし、
モラトリアム期間が欲しいのであれば、
休学などを活用した方がいい

結論

まだ、
間に合うのならば、
4年で卒業すべし