学生時代にたくさんの失敗を経験することの重要性について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

学生時代は失敗しても大丈夫

学生時代に限ったことでは無いのだが、
失敗は若い時にした方がいい

若い時の失敗の方が、
取り返しがつくことが多いし、
後々の財産になりやすいからである。

また、
学生時代の失敗は、
学生という理由で許されることも多い

失敗について

そもそも失敗とは何だろうか?

よく成功の反対語は、
失敗というが、
それは間違いである。

失敗の反対語は、
ビビって何もやらないこと

断じて成功の反対語ではない。

かのエジソンの有名な言葉などにもあるように、
失敗無くして、
成功することはあり得ない

むしろ失敗していく

むしろ、
若い時は、
喜んで失敗していくべきだろう。

失敗するためには、
様々なことに挑戦していくことである。

様々なことに挑戦してく過程で、
たくさんの失敗を経験する。

逆に、
何も挑戦しなければ、
失敗も無いが、
成功も無い。

一見無謀そうに見えることでも、
積極的にチャレンジしていった方がいい。

就活に活きる

ちなみに、
失敗した経験は就活に活きる

あなたが失敗した経験を、
就活で話すことが出来るし、
若くしていろいろと失敗している人は、
失敗に対しての、
トラブルシューティングなどを知っていることが多いので、
人材としても重宝されることが多い。

終わりに

特に、
失敗の許される環境にある学生は、
リスクを考えずいろんなことにチャレンジしていくべき

学生時代から、
失敗を恐れて、
何もやらずに人生を過ごしていれば、
失敗も無ければ成功も無いという、
スケールの小さい、
しょうもない大人になってしまうからだ