全人類の夢である、
楽して金を稼ぎたいという願望。

私の経験でいえば、
私は物心ついた、
幼稚園くらいの頃から、
常に楽して金を稼ぐことを考え続けてきた

むろん、
今でも頭の中に常にあるのは、
どうやって楽して大金を稼ぐことが出来るのか
ということである。

そんな、
壮大な全人類の夢である
楽して金を稼ぐ方法について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

楽して金を稼ぐ方法

そんな方法は無い。

とまあ、
いきなりなんとも夢のない結論を出してしまったわけであるが、
結論、
楽して金を稼ぐ方法は無いのだ。

なぜ楽して金を稼げないのか

なぜ楽して金を稼げないのか

これは、
ちょっと考えてみればわかる。

例えば、
You Tuber

You Tuberは、
楽して金を稼いでいるように見えるが、
とんでもない誤解である。

底辺You Tuberなどの言葉があるように、
つまり、
一般的に、
稼げるという職業には、
それだけ大量のライバルがおり
また稼いでいる人も、
一部の人間だけなのである。

You Tubeで言えば、
稼いでいる人間というのはほんの一握りだけで、
それ以外の人間は、
ほとんど金を稼げていないのが現状である。

 

楽して稼いでいるように見えるだけ

例えば、
You Tuberで言えば、
ヒカキンのように、
クソつまらない動画をあげて、
100万再生(収益でいうと10万~)など、
ふざけるなと思うが、
ヒカキンは今の地位になるまでに、
鬼のような苦労を重ねている

何本も何本も、
良質な動画を作り、
(初期の頃のヒカキンの動画は非常に作りこまれている。)
そしてほぼ毎日かかさず、
動画をアップロードし、
固定ファンを作り、
何年も何年もかけて、
今の地位があるのだ。

更に今でこそYou Tuberは職業として認められ、
そして安定した収益を得ることが出来るようになったが、
(それでもGoogleの機嫌次第では、
一瞬にして収益は消し飛ぶ可能性はあるが。)
そもそもヒカキンが動画をあげていた初期の時期なんて、
少なくとも日本においてはYou Tuberなんて職業はほぼ認知されておらず、
このまま動画を上げ続けたからと言って、
将来どうなるか全くわからないような状態であった。

そのような状態で、
果たしてヒカキンのように会社を辞めて、
YouTube一本で勝負出来るかという話である。
(ヒカキンは先行者利益のようなもので成功したと思っている人もいるかもしれないが、
仮にヒカキンが先行者利益で成功したとしても、
You Tuberなんて仕事が日本では全く認知されておらず、
また広告収入なんて今後どうなるかわからない状態で、
ヒカキンのように会社を辞めてYouTube一本で勝負出来るのかという問題がある。
多分多くの人はそのような状態でヒカキンと同じように努力は出来ないだろう。)

You Tuberは楽して稼いでいると思われがちだが、
とんでもない。

You Tuberは今となっては完全なるレッドオーシャンであり、
誰しもが気軽に始めれる分、
成功するのが非常に難しくなっている分野である。
(私はYou Tuberだけには絶対になりたいとは思わない。
それは成功できる確率が著しく低いと思うからである。
私からすればYou Tuberとして成功することは、
プロの野球選手として成功することと同じくらい難しいことだと思っている。)

勿論、
ヒカキンだけでなく、
今人気が出ているほとんどのYou Tuberは、
皆、
再生数が全然伸びない、
暗黒の時代を経験しているもの達がほとんどである。

どんな物事でも同じ

たまたまYou Tuberを例にとってみたが、
基本的にはどんな物事でも同じである。

稼げる職種には、
それだけ優秀な人材が集まり
優秀な人材同士がしのぎを削っているのが、
現実である。

プロ野球選手などを見てもそうだが、
一体どれだけの、
野球選手がいるだろうか。

そして無数にいる野球選手の中の頂点が、
プロ野球の世界である。

そして、
プロ野球選手は、
どれだけのプレッシャーの中
またどれだけ努力をしているか計り知れない

甲子園のスターが、
プロの世界には入ったものの全く通用せず
プロになって数年も経たないうちに戦力外になるなんて話は、
よくある話である。

終わりに

楽して金を稼ぐ方法は無い。

金が欲しければ、
稼げると呼ばれている分野で、
他人にマネ出来ないレベルで努力し続けるしかない

勿論、
その稼げると呼ばれている分野で、
あなたに普通の人間にはない、
圧倒的な才能があるということ
が、
絶対的な条件ではあるが。

追記 2019/07/27

中には、
人が嫌がる仕事であったり、
競合が少ないようなビジネスをすれば楽に金を稼げると思う人もいるかもしれませんが、
結局稼げると思われている分野には、
仮に人が嫌がる仕事であったり、
また現状競合が少ないビジネスであっても、
金の匂いを嗅ぎつけた多くのライバル(具体的には優秀な個人であったり大企業であったり。)が多く殺到するので、
時間の問題でその分野も稼げなくなります。

You Tubeがいい例だと思いますが、
You Tubeは確かに少し前までは、
顔出しして動画を出している人も少なく、
それなりにブルーオーシャン(稼ぎやすい分野)だったと思いますが、
2019年7月現在では、
お笑いタレントなどを始めとした、
俗に言うテレビに出ているような有名タレントも個人チャンネルを持ち始め、
(例:お笑い芸人キングコングの梶原のカジサックチャンネルなど。)
動画を上げ始め、
今となっては一般人がYou Tuberとして成功する確率は、
少し前と比較して物凄く低くなっていると思います。

また少し前(スマートフォンが今のように爆発的に普及する前)までは、
ネット上で顔を出すことや本名を出すことなんて、
考えられないことでしたが、
今は本名をネットに公開したり、
自分の顔写真をネットに公開することは、
特に若い人たちを中心に普通のことのようになってきています。
(ツイッターやインスタグラム、
Facebookなどで。)

この例からわかるように、
仮に人が嫌がるようなお金が稼げる分野であっても、
(You Tubeであれば、
顔や実名を出して動画を公開すること。)
金が稼げると分かれば、
企業(大企業)であったり、
優秀な個人(テレビタレントや有名スポーツ選手など)が多く参入するようになります。

以上の理由から、
やはり楽にお金を稼ぐ方法はなく、
結局は稼げると言われている分野で、
真っ向から勝負するしかないように私は思います。