テレビに変わる第三のメディアとして、
youtubeは注目されつつある。

実際に、
私自身も、
かなりの時間、
youtubeを見ていたりするのであるが、
そんな中でも、
youtuberと呼ばれる存在が、
死ぬ程ウザい

キッズはまだしも、
それなりの年齢を重ねた人であれば、
同じ感情を抱く人も少なくないのではないだろうか?

そこで、
今回は、
私なりに、
youtuberがウザい理由を話していこうと思う。

スポンサーリンク

そもそも子供向けに作っているから

まずこれ。

そもそも、
youtuberは、
子供向けにコンテンツを作成している。

つまり、
いかにキッズに受けるかを考えて、
コンテンツを作成しており、
つまりキッズ向けの動画だから、
我々大人からすれば、
クソつまらない動画になるのだろう。

あからさまに炎上を狙っているから

次に炎上狙い

youtubeの収益は、
おおむねその動画回数に比例し、
動画が炎上すればするほど、
視聴回数が伸び
収益も増える仕組みになっている。

つまり、
炎上すればするほど、
視聴回数が増え
お金がもらえるのである。

あからさまな炎上目的の動画程、
見ていて不快なものは無い。

youtubeJapanによるゴリ押し

最後にyoutubeJapanによるゴリ押し

というか、
youtubeのアルゴリズム

ハッキリ言って、
ヒカ〇ンや、
はじ〇しゃちょーなどの動画なんて、
1mmも見たくないのに、
勝手におすすめされ、
検索画面に溢れてくる

別に、
自分の目に触れなければ、
ウザくても問題ないのだが、
求めていないのに、
検索画面に溢れてくるのはウザい

終わりに

とは言っても、
youtubeの視聴者数が大半がキッズなことを思えば、
ある意味youtuberは、
マーケィングをしっかりしているといえるのだろう。

というか、
ハッキリ言って、
幼稚園児や小学生相手に、
安くないお金を払い、
広告を出している企業は、

意味があるのかなと思う。

結論、youtuberはやっぱりクソ。