あなたは電車の中で、
お腹が痛くなったことは無いだろうか?

私は、
昔からお腹が弱く、
今までの人生は、
常に腹痛との闘いだった。

そんな私から、
電車の中で、
お腹が痛くなった時の対処法を、
お話しようと思う。

スポンサーリンク

前日の夜は極力食べない

そもそも論だが、
電車の中で腹痛にならないように、
することも大事である。

そのため、
前日の夜は、
暴飲暴食をしないことも重要である。

特に、
お腹を壊す要因になりそうな、
脂っこいものや、
甘いものなどは、
取らない方が無難といえよう。

普通電車に乗る

次に、
普通電車に乗ることである。

普通電車に乗ることで、
万が一お腹を壊した場合でも、
途中下車してトイレに行くことが出来る

朝のラッシュには乗らない

そして、
極力朝のラッシュには乗らないことである。

朝のラッシュに乗ってしまえば、
万が一お腹を壊した場合、
途中下車してトイレに行っても、
トイレがいっぱいという悲劇があり得る。

各駅のトイレの場所を把握する

あなたが途中下車する可能性のある駅の、
トイレの場所を確認しておくことも重要である。

各駅のトイレの場所を確認しておくことにより、
万が一お腹を壊した場合、
スムーズにトイレに行くことが出来るようになる。

早め早めにトイレに行くようにする

最後に、
早め早めにトイレに行くようにしよう。

まだまだ大丈夫と思っていても、
急にお腹が痛くなることはよくあることである。

少し余裕があっても、
早め早めにトイレに行くようにしよう。

終わりに

お腹を壊さないためには、
事前の準備が必要となってくる。

また、
万が一お腹を壊した場合でも、
しっかりと途中下車して、
トイレに行けるように、
これもまた準備をしておくようにしよう。

お腹が弱いのは、
生まれつきなことも多いと思うので、
極力出来ることはして、
しっかりと腹痛に備えて準備しておくことが重要。