副業、
というカテゴライズに入るかどうかわからないが、
パチンコ・パチスロを副業にしようと思っていたり、
また、
パチンコ・パチスロを本業にしようと思っている人は、
意外に多いと思う。

まあ、
俗にいうパチプロ(スロプロ)というやつである。

私自身、
大学時代、
スロプーになろうと、
結構真剣に立ち回っていたこともあるが、

結論からいえば、
副業だろうが、
本業だろうが、
パチプロ、スロプロは職業として向いてない

そこで、
今回は、
実体験を基に、
パチンコ・パチスロが副業に向いていない理由について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

不安定過ぎる

まず、
第一に不安定過ぎることがあげられる。

パチスロ
パチンコは、
完全確率の世界になっており、
確率のブレでは、
いくらいい台、
期待値のある台を打とうが、
1日単位ではマイナスになることもある。
(それでも、パチンコでいえばセグ狙い
パチスロでいえば天井狙いリセット狙いなどをすれば、
限りなくリスクを下げることは出来るが。)

また、
国の方針などで、
パチンコやパチスロなどに規制が入れば、
一気に稼げなくなる可能性が高い。

身体に悪すぎる

次に、
身体に悪すぎること

パチンコ屋に行ったことがある人ならわかると思うが、
パチンコ屋の中の空気は最悪である。

副流煙にまみれ、
そして、
ガンガンに音がなっており、
非常に不快な環境になっている。
(慣れればそうでもないが。)

また、
1日中、
同じ体勢で打ち続けることになり、
非常に体に悪い。

また、
いい台(期待値のある台)に当たれば、
昼飯や晩飯を抜きにして、
1日中ぶん回す必要が有り、
これもまた身体に悪い

パチンコ屋に長くいたことが原因かどうかわからないが、
私は今では少し耳が不自由である。
(人の声が、聞き取りにく。)

そういったリスクも、
パチンコ屋に通うことには、
あるということを知るべきだろう。

先が無さすぎる

そして、
先が無さすぎる

将来性が全くない

まあ、
打ち子などを雇い、
収益を拡大することもできるが、
普通のビジネスに比べて、
あまりにも先が無く、
また将来性が無い。

そもそも、
いつ規制が入り、
パチンコやパチスロがなくなるかわからない

能力が身につかなさ過ぎる

能力が全くつかないことも問題だろう。

パチンコ、パチスロなどの知識や技術は身につくが、
そんなものを身に着けても、
将来の役に立つ可能性は低い。

無論、
一生、
パチスロ、パチンコで飯を食っていくつもりなら、
別であるが。

世間体が悪すぎる

最後に世間体が悪すぎる

親や親せき、
友人や彼女などに胸を張って、
パチスロやパチンコで飯を食っているといえるだろうか。

また、
いい台を確保するために、
朝早くからパチンコ屋の前で並んでいる時
世間からの目は、
非常に冷たい

更に、
パチンコ、パチスロ業界は、
あまりにも闇が深すぎるのも問題だろう。

終わりに

まあ、
こればっかりは個人の自由なので、
なんとも言えない部分もあるが、
個人的には、
パチスロ・パチンコで飯を食っていくことはおすすめしない

パチスロ、パチンコを職業にするメリットよりも、
デメリットの方が、
遥かに大きいと思うからだ。

将来性があると思う副業 ベスト5