私だけかもしれないが、
ここ数年、
YouTubeの勢いというものを、
凄く感じる機会が多い。

事実、
総務省が平成29年に行った調査では、
全年代で72.2%の人間が、
YouTubeを利用しているようである。

参照:平成 29 年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

YouTuberなどという言葉も生まれ、
小学生の将来なりたい職業ランキングの、
上位に食い込む程である。

 

参照:[PDF]小学生の「将来なりたい職業」ランキングトップ10

そこで、
今回は、
なぜYouTubeがここまで流行るようになったのかについて、
考察していきたいと思う。

スポンサーリンク

全て無料で見れる

YouTubeがここまで流行っている理由の第一に、
全ての動画が無料で見れることが挙げられるだろう。

確かに、
YouTube動画の中には数秒の広告はあるものが多いが、
ユーザーである私たちは、
全て無料でYouTubeの動画を視聴することが出来る
(一部映画など有料の動画コンテンツもあります。)

もし、
YouTubeの動画のコンテンツが有料であれば、
絶対にここまで流行っていない

専門性の高いチャンネルの出現

YouTubeには、
非常に専門性の高いチャンネルがある。

例えば、
パチスロの動画どは、
YouTubeでは人気コンテンツの一つであるが、
少し前までは、
パチスロの動画など、
地上波などではやっておらず、
有料の専門チャンネルでしか見ることが出来なかった。

しかし、
YouTubeでは、
無料で視聴することが出来る

パチスロ動画のような、
専門性の高いコンテンツも、
YouTubeでは無料で視聴することが出来ることも、
YouTubeが流行っている一つの要因だろう。

規制がほとんどかかっていない

規制がほとんどかかっていないことも、
YouTubeが流行っていることの一つだろう。

例えば、
地上波などのテレビでは、
規制だらけで、
全くコンテンツが面白くないが、
YouTubeに限っては、
やりたい放題なのが現実である。
(それも問題になることも多いが。)

当たり前であるが、
規制が無い方が、
コンテンツとしては、
とげができ
視聴する側としては面白いことが多い

地上波のオワコン化

地上波(テレビ)のオワコン化も、
YouTubeが流行っていることの一つだろう。

少し前までは、
面白いテレビというのはあったが、
現在は面白いテレビ番組は皆無である。

それも、
規制が原因なのだろうけど、
とにかくテレビがオワコン化の今、
YouTubeに対抗するコンテンツが無い

YouTuberの出現

私からすれば、
検索の邪魔でしかない、
YouTuberの存在も、
YouTubeを流行らしている1つの要因だろう。

特に、
YouTuberは、
~幼稚園、小学生、中学生、高校生などに、
絶大な人気を誇り
キッズのテレビ離れの大きな要因の一つになっているだろう。

また特に近年では、
20代以降の大人と呼ばれる世代も多くの人数がYouTubeを視聴するようになっており、
そのような大人向けにも、
多くの動画が投稿されているのも特徴である。

YouTubeの操作性の良さ

YouTubeの操作性の良さも、
目を引くポイントである。

YouTubeは非常に使いやすい

また、
YouTubeは、
検索エンジンにGoogleのアルゴリズムを搭載しており、
YouTubeに搭載されている検索エンジンは、
非常に優秀な検索エンジン
である。

自分が知りたい、
見たい動画が見つかりやすいという点も、
YouYubeが流行っている理由の一つだろう。

いつでも好きな時に見れる

いつでも好きな時に動画を見れることも
YouTubeの素晴らしいポイントだ。

自分が好きなタイミングで、
YouTubeで検索すれば、
自分が知りたいコンテンツであったり、
見たいコンテンツをその場で視聴することが出来る。

終わりに

現状、
YouTube以上の動画投稿サイト無いため、
今後、
更にYouTubeが流行っていくことが予想される。

勿論、
今後YouTubeに規制がかかる可能性は大いにあるが、
それでも、
将来性などを考えれば、
テレビなどと比較すると、
比較にならない程、
将来性があるといえるだろう。

結論、YouTubeは神。