あなたは、
セルフバックという言葉をご存じだろうか?

今回は、
セルフバックの言葉の意味と共に、
セルフバックで稼げる4つの分野について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

セルフバックとは

セルフバックとは、
簡単に言うと、
商品を購入したり、
サービスに申し込んだりすれば、
そのお礼として、
金額がもらえるもの。

簡単に言うと、
自己購入というものである。

有名なものとして、
クレジットカードの、
セルフバック。

クレジットカードを発行する代わりに、
お礼としてお金が貰えるというもの。

クレジットカードのセルフバックは、
1枚につき、
5000円~10000円貰えるところが多く、
人気案件になっているところが多い。

A8.netがおすすめな理由

このセルフバックというシステム、
名前は変わるのだが、
セルフバックのシステムを活用している場所は、
A8.net以外にも存在する。

有名どころでいうと、
アフィリエイトBのセルフバック
アクセストレードのアフィバックモールなどだろう。
(勿論他にもたくさんある。)

しかし、
個人的には、
セルフバックをするなら
A8.netを利用するのが圧倒的におすすめである。

A8.netがおすすめな理由

A8.netがおすすめな理由として、

・サイトの登録が不要
・セルフバックの案件が多い

が挙げられる。

まず、
サイトの登録が不要なところだ。

アフィリエイトB、
アクセストレードに関しては、
セルフバックを行うために、
サイトの登録が必要であるが、
A8.netに関しては、
サイトの登録は不要である。

また、
セルフバックの案件自体も、
A8.netが、
アフィリエイトB
アクセストレードに比べて
圧倒的に多い

初めてセルフバックを活用するなら、
A8.netで間違いない。

おすすめセルフバック分野

では、
実体験を基に、
具体的な、
おすすめセルフバックの案件について、
話をしていこうと思う。

クレジットカード

まずおすすめはクレジットカードである。

クレジットカードがおすすめな理由として、
単価が高い

1枚につき、
5000円~10000円貰える

更に、
年会費無料な場所が多く
一切お金がかからずに、
お金を稼ぐことが出来る

クレジットカードのセルフバックの注意点としては、
1か月に複数枚のカードを作らないこと。

基本的には、
1か月に1枚、
どんなに無理してでも、
1か月に2枚までにした方が、
無難だろう。

申し込みブラックを防ぐためである。

FX

次にFX案件。

FX案件も単価が高いため、
おすすめである。

単価でいうならば、
10000円~20000円くらいの場所が多い。

が、
実際に一定の取引をしなければいけないところが多く
クレジットカードと比較して、
少しハードルが高いことが多いので、
2位。

が、
単価の高さと、
FXセルフバック案件の量
そして承認率の高さから、
FXもかなりおすすめ

キャッシング

次にキャッシング

キャッシングもクレジットカードと同様だが、
キャッシングは、
クレジットカードに比べて、
少し面倒なので、
3位。

また、
クレジットカードと比較して、
審査も通過しにくい場合が多い。
(人にもよる。)

また、
案件の数もクレジットカードに比べて少なく、
金額も、
クレジットカードよりも少し低めなので、
キャッシングはこの順位。

保険相談

最後に、
保険相談

具体的には、
生命保険の相談

生命保険の相談も単価が高く
5000円~10000円

が、
実際に相談を受ける必要が有り
また、
承認率も悪いので、
(相談を受けても、
承認されないことも多い。)
4位

セルフバックで承認されるためのコツ

ちなみにだが、
このセルフバック

承認というものが必要

これは、
どういうことかというと、
例えばクレジットカードであれば、
実際に申し込んだはいいものの、
カードが発行されなかった場合
承認がされない

承認は、
ほとんど、
どの商品にもある。
(中には全承認という案件もある。)

承認されるコツとしては、
しっかりと成果確定条件を読み
そして、
成果が確定されるように努力することだろう。

終わりに

慣れてくれば、
アフィリエイトBや、
アクセストレードにも登録して、
同じようにセルフバックをしてみてもいいだろう。

特に、
生命保険案件は、
アフィリエイトBが強く
FXや株などの投資系は、
アクセストレードが強い

クレジットカードや、
キャッシングは、
A8.netが強い。

ちなみにこのセルフバック
本気でやれば、
月5万円くらいは簡単に稼ぐことが出来る