ランサーズや、
クラウドワークスで、
記事作成で稼ぐため
には、
記事単価ということが重要になってくる。

どういうことかと言うと、
1000文字500円で記事を書くよりも、
1000文字1000円で記事を書いた方が、
1000文字1000円で記事を書くよりも、
1000文字1500円で記事を書いた方が稼げるということだ。
(記事の文字単価が高い程、
稼ぎやすいということ。)

そこで今回は、
ランサーズやクラウドワークスで記事単価を上げるためのコツについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

ネットで需要のある分野で記事を書く

まず重要なことは、
ネット需要のある分野で記事を書くことである。

ネットで需要のある分野の方が、
ネットで需要の無い分野で記事を書くよりも、
記事単価が高くなる傾向がある。

ネットで需要のある分野は、
例えば、

・金融系
・美容系

などのジャンルである。

金融系は、
具体的には、
クレジットカード
キャッシングなど。

美容系は、
ダイエットや、
脱毛サロンなどのことだ。

他にも、
需要のある分野は存在するが、
とにかく需要のある分野で記事を書いた方が
必然的に記事単価は高くなる

ただし、
需要のある分野は、
必然的にライターのライバルも多く強くなるため、
あなたに実力が無ければ、
仕事を貰うこと自体難しくなる可能性もあるが。

同じ分野の記事を書く

次に、
同じ分野の記事を書くことである。

同じ分野の記事を書くことにより、
よりその分野に詳しくなれる。

例えば、
ダイエットならば、
ダイエットの記事を書き続けることによって、
ダイエットに詳しくなり、
より専門的な記事を書けるようになり、
それがライターとしての差別化に繋がる。

記事単価を上げる上で、
あなたがその分野の専門家だということは、
非常に重要である。
(またダイエットの記事ならダイエットの記事を書き続けることで、
実績になるのも大きいだろう。
つまりダイエットの記事を頼みたいのであれば、
ダイエットの記事に関して何か実績がある人に、
仕事を発注する側は、
頼みたくなるということである。)

実績を作る

最後に、
実績を作ること

あなたに、
ライターとしての実績があれば、
必然的に記事単価はあがる。

実績を作るためには、
ランサーズやクラウドワークスなどで、
タスク案件だけでなく、
プロジェクト案件で実績を積むことである。

また丁寧な仕事をして、
仕事が終わった後に、
発注側から貰える評価がいい評価になるように努力することも、
重要である。

また、
ランサーズならば、
認定ランサー
クラウドワークスならば、
プロクラウドワーカーを目指すようにしよう。

終わりに

需要のある分野で、
記事を大量に書き、
実績を作ること

これが、
最短でクラウドソーシングサービスの記事作成で記事単価を上げる際のコツである。

記事を書くことに慣れさえすれば、
比較的稼ぎやすいのが、
クラウドソーシングサービスの特徴でもあると思うので、
もし記事単価を上げたいと思う人は、
是非上記のことを実践してもらえればと思う。

ランサーズやクラウドワークスで稼ぐための5つのステップ