ランサーズや、
クラウドワークスで、
記事作成で稼ぐため
には、
記事単価ということが重要になってくる。

単純に言えば、
1000文字500円で記事を書くよりも、
1000文字1000円で記事を書いた方が、
1000文字1000円で記事を書くよりも、
1000文字1500円で記事を書いた方が稼げるということだ。

そこで、
今回は、
ランサーズやクラウドワークスで記事単価を上げるためのコツについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

需要のある分野で記事を書く

まず重要なことは、
需要のある分野で記事を書くことである。

需要のある分野の方が、
需要の無い分野で記事を書くよりも、
記事単価が高くなる傾向がある。

需要のある分野は、
例えば、

・金融系
・美容系

などのジャンルである。

金融系は、
具体的には、
クレジットカード
キャッシングなど。

美容系は、
ダイエットや、
脱毛サロンなどのことだ。

他にも、
需要のある分野は存在するが、
とにかく需要のある分野で記事を書いた方が、
必然的に記事単価は高くなる。

同じ分野の記事を書く

次に、
同じ分野の記事を書くことである。

同じ分野の記事を書くことにより、
よりその分野に詳しくなれる。

例えば、
ダイエットならば、
ダイエットの記事を書き続けることによって、
ダイエットに詳しくなり、
より専門的な記事を書けるようになり、
それがライターとしての差別化に繋がる。

記事単価を上げる上で、
あなたがその分野の専門家だということは、
非常に重要である。

実績を作る

最後に実績を作ること

あなたに、
ライターとしての実績があれば、
必然的に記事単価はあがる。

また、
ランサーズならば、
認定ランサー
クラウドワークスならば、
プロクラウドワーカーを目指すようにしよう。

終わりに

需要のある分野で、
記事を大量に書き、
実績を作ること

これが、
最短でクラウドサービスの記事作成で稼げるようになるコツである。

記事を書くことに慣れさえすれば、
比較的稼ぎやすいのが、
クラウドサービスの特徴である。

ランサーズやクラウドワークスで稼ぐための5つのステップ