私がインターネットに初めて触れたのは、
今から20年近く前であるが、
その当時、
インターネットといっても出来ることは限られ、
また、
今日のように、
主要メディアでは無かった

しかし、
今では、
テレビや新聞などを抑え
インターネットは、
一番の主要メディアになっているように思う。

そこで今回は、
過去主要メディアだった
6つの媒体とインターネットを比較して、
なぜここまでインターネットが爆発的に人気を博すようになったのかについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

雑誌との比較

まず初めに雑誌との比較

雑誌も様々あり、
経済誌スポーツ誌、
ファッション誌など様々ある。

しかし、
雑誌とネットを比較すると、
明らかにネットの方が優秀である。

なぜか。

まず、
ネットは無料

ほとんどの情報が、
無料で手に入る

雑誌有料

更に、
雑誌自分が知りたくないことも書いてあるが、
ネットならば、
検索エンジンをうまく活用して、
自分の知りたい情報のみを仕入れることが出来る

新聞との比較

次に新聞との比較

新聞に関しても、
雑誌と似たようなことが言える。

まず、
新聞はお金がかかる

ネット無料

更に、
自分が関心の薄いどうでもいいことまで、
書いてあるのが新聞だが、
ネットは違う。

自分の知りたい情報だけを、
知ることが出来る

更に情報の伝達速度も、
ネットの方が圧倒的に優秀

新聞とネットは、
ハッキリ言って比較にならない。

ラジオとの比較

次にラジオとの比較

ラジオも今となっては、
完全にオワコンだと思うが、
これもネットの生放送などの方が優秀

ニコニコ生放送などは、
リアルタイムで、
視聴者とコミュニケーションを取ることが出来る

テレビとの比較

次にテレビとの比較

テレビは無料だが、
番組の中で
自分の知りたくない情報、
どうでもいい話を聞かなければならない

ネットは違う。

例えば、
Youtube

Youtubeの場合、
自分の知り合い情報だけを検索して、
いつでも気軽に番組を見ることが出来る

テレビとYoutubeでも、
残念ながら比較にならない。

CDとの比較

次にCD。

Youtubeがあれば、
どんな曲も、
無料にきくことが出来る

もはや、
CDの価値は存在しない

また、
CDを買わなくても、
itunesなどで音楽を落とす人がほとんどだろう。

書籍との比較

最後に書籍

本は、
確かに頑張っているが、
ネットの情報の質が上がってきているので、
将来的には本の需要も無くなってくるだろう。

特に紙の本はコストもかかるので、
将来的には、
全て電子書籍になるだろう。

kindleなどが、
今後は更に勢力を広めていくだろう。

終わりに

ネットが最強過ぎて
他の媒体が勝ち目がない

将来は、
更にネット最強時代が、
訪れることは間違いないので、
今すぐ、
ネットに触れる時間を増やし、
小規模でもいいので、
自分でネットビジネスを始めるべきだろう。