永井先生といえば、
知る人ぞ知る、
愛媛のカリスマであるが、
そんな永井先生には、
熱狂的な信者がいることでも有名である。

永井信者は一般的には、
妖精
そして、
永井先生に物資を送ったり
永井先生を旅行に連れていったり
永井先生を接待している永井リスナーをハイピクシー(上級妖精)と呼ぶが、
永井先生には、
妖精ないし、
ハイピクシーが非常に多い。

なぜ、
永井先生はクズなのに、
これだけ人を惹きつけることが出来るのか
について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

圧倒的な自己開示

永井信者が多い理由として、
圧倒的な自己開示があげられる。

これはどういうことかというと、
永井先生は自分のことをこれでもかと開示することにより、
永井先生自身がリスナーに心を開くことにより、
リスナーの心も永井先生が開かせているのである。

ちなみに永井先生は、
本当の意味ですべてを打ち明けており、
彼の住所や、
家族構成をはじめ、
彼の性癖
職歴好きなキャバクラ嬢友達構成
などなどすべてをさらけ出しているのが、
永井先生なのだ。

普通、
人間は自分のマイナスなことを隠したがるが、
永井先生の場合、
自分のマイナスな部分も、
徹底的に人に話し、
そしてそれをコンプレックスにしていることも無い。

そういった様子が、
永井リスナーの心を惹きつけているのだろう。

圧倒的なカリスマ性(トーク力)

次に、
圧倒的なカリスマ性(トーク力)

永井先生のカリスマ性は抜群である。

カリスマ性は、
決して磨くことは出来ず、
生まれた環境や本人に依存することが多いが、
ハッキリいって、
永井先生はカリスマである。

話もむちゃくちゃ面白いし、
人を惹きつける先天的なモノをもっている。

圧倒的なクズ

最後に圧倒的なクズ

人間は、
自分より下の人間を見ると落ち着く。

永井先生は圧倒的なクズである。

パチスロや女に溺れ、
常に楽することしか考えていない。

すがすがしいほどのクズが永井先生なのである。

そんなクズさは、
クズのリスナーを惹きつける。

更に、
そのクズさから生まれる、
エピソードの数々も非常に面白い。

終わりに

永井先生は、
愛媛のカリスマである。

永井先生には、
たくさんの欠点があるが、
永井先生自身が心底反省し、
欠点の向上に努めれば、
永井先生の復活は十分にあり得る。

しかし、
永井先生がクズでなくなったり、
真人間になってしまえば、
永井先生のカリスマ性に影が差してしまう可能性もあるが。

というか、
また昔の面白い永井に戻ってほしいとすら思う。

永井先生は、
心の底から笑わしてくれる唯一無二の存在だからだ。