ランサーズクラウドワークスは、
非常にいいサービスだと思うが、
勿論、
デメリットも存在する。

そこで今回は、
ランサーズ・クラウドワークスのデメリットについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

手数料の高さ

まずは、
手数料の高さである。

ランサーズ、
クラウドワークス共に、
~50000円までは、20%、
50001円~200000円までは、10%、
200001円~5%の手数料がかかる。

この手数料が高いと思うか安いと思うかは、
その人次第だと思うが、
手数料がかかってしまうのが、
クラウドサービスの弱点だろう。

案件の少なさ

次に、
案件の少なさ

確かに、
クラウドワークスもランサーズも有名なクラウドソーシングサービスのため、
案件が極端に少ないというのは無いのかもしれないが、
案件は無限にあるわけではない

また、
継続的に、
あなたが仕事が出来そうな案件があるわけでもない

これも、
クラウドサービスの弱点だろう。

※つまりあなたがランサーズやクラウドワークスで、
継続的に仕事をしたいと思っても、
常に仕事があるわけではないということです。
ただし、
あなたが優秀な人材の場合、
常に仕事があることの方が多いです。

雇用されている側の弱さ

最後に、
雇用されている側の弱さ

クラウドソーシングサービスの場合、
どうしても受注側(仕事を受ける側)は、
雇用側になってしまい、
雇用主(発注側)よりも、
力関係が弱くなってしまうことがある。

これは、
実際の社会や会社でも同じだと思うのだが、
企業と雇用側を見れば、
やはり企業の方が力が強く、
雇用側の方が、
力が弱いこともある。

※ただしこのこともあなたが優秀な人材の場合、
立場が逆転することもあります。
また発注側によっては、
あなたと対等以上に接してくれる雇用主も存在します。

終わりに

とはいっても、
ネットを通じてお金を稼ぐ手段としては、
ランサーズもクラウドワークスも悪くは無いと思うので、
関心がある人は、
まずはやってみることが大事だと思う。

ランサーズやクラウドワークスなどの、
クラウドソーシングサービスを実際にやってみて、
割に合わない・向いていないと思うのであれば、
辞めればいいだけの話だからである。

ただし、
私は実体験からも数多くある副業の中で、
割かしランサーズやクラウドワークスは稼ぎやすいと思うので、
個人的にはおすすめである。

ランサーズやクラウドワークスで稼ぐための5つのステップ