うつ病

うつ病は、
現代特有

それも日本特有の病気だろう。

学生時代ならまだしも、
社会人になれば、
イヤでも一度や二度は、
うつ病とまではいかなくても、
うつ病に近い経験をしたことは、
ほとんどの人はあるのではないだろうか?

私自身も学生時代、
うつ病とは無縁の生活を送っていたが、
社会人になり、
うつ病(に近い?)状態になったことも何度かある。

そこで、
あくまで個人的な体験に基づいたものだが、
うつ病にならないための、
対策をお話していきたいと思う。

スポンサーリンク

頑張り過ぎない

うつ病にならないために、
重要なことは頑張り過ぎないことだ。

特に、
これはアルバイトだろうが、
正社員だろが、
変わりはないことだが、
変に頑張り過ぎないことが重要である。

勿論、
頑張ることは悪いことでは無いが、
変に頑張り過ぎると、
必ずどこかに反動がくる

更に、
アルバイトの場合は、
頑張ったからと言って、
特に給料に反映されるわけでもない。

長く同じ仕事を続けるためには、
頑張り過ぎないことが重要である。

責任感を持たない

うつ病にならないためには、
責任感を持たないことも重要である。

というか、
特にアルバイトならば、
責任感なんて必要ない。

なぜならば、
責任感を持とうがなんだろうが、
給料に反映されることはほとんど無いから。

基本的に、
正社員だろうが、
過度な責任感を持つことは必要ないと思っている。

会社にとっては、
あなたに会社を辞められる方が痛手のことが多いので、
長く仕事を続けるためにも、
過度な責任感を持つのは辞めるようにしよう。

ヤバそうなら会社を辞める

あなたの年齢にもよるかもしれないが、
あまりにも会社がヤバそうならば、
会社を辞める、
転職するのも有りである。

特に、
アルバイトならば、
同じ会社で働くメリットも少ないので、
パワハラやセクハラなどが凄ければ、
会社を辞めるという選択肢もありである。

終わりに

うつ病にならないために、
特に重要なことは、
変に責任感を持って、
頑張り過ぎないことだ。

会社に勤めていると、
そこでの価値観や考え方がすべてになってしまいがちであるが、
一歩距離を置いて、
会社を離れてみてみると、
会社の価値観なんていうものは、
無数にかる価値観の一つでしかない。

うつ病は一度かかってしまうと、
再発の危険性も高く、
なかなか抜け出すのが難しくなってしまう

どうしても、
ヤバそうならば、
うつ病になってしまう前に、
会社を辞めるようにしよう。