以前の記事で、
学生時代に、
絶対にやっておいた方がいいことについて書いた。

そこで、
今回は、
必須ではないが、
時間があれば出来れば学生時代にやっておいた方がいいことについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

たくさん本を読む

まずは、
たくさん本を読むことである。

特に、
時間がある学生にとって、
それほどお金がかからない、
本を読むことは相性がいい。

とにかく、
時間があれば、
気になった本は片っ端から読むようにしよう。

本を読むことで、
様々な価値観に触れることが出来、
また単純に知識も触える。

本を読むことは、
学生にとってメリットしかないので、
最低でも月に1冊以上の本は読むようにしよう。

学生時代に読むべき3冊の自己啓発書

色んな人に出会う

次に、
色んな人に出会うことである。

これも本を読むのと同じ要領で、
たくさんの人と出会い、
たくさんの人と会話することで、
様々な考え方に触れることが出来る。

また、
たくさんの人と会話することにより、
単純にコミュニケーション能力も上がるだろうし、
会話の引き出しも増える。

特に自分より年上だったり、
自分と住んでいる環境が違うような人とは、
積極的に会うようにしよう。

また、
学生時代は、
誰かに誘われたりすれば、
基本的には断らずに、
積極的に会いにいくようすることも重要である。

学生時代は自分と違う価値観に触れることが重要

たくさん映画を見る

最後に、
映画を見ること

映画も、
コスパが非常によく、
時間がある学生とは非常に相性がいい。

映画に関しても、
様々な価値観に触れることが出来、
また、
単純に知識も増える。

英語の勉強になる人もいるだろう。

社会人になれば、
忙しくなり、
時間が無くなり、
ゆっくりと映画を見る時間も無くなってしまう可能性が高いので、
時間のある学生時代に、
たくさんの映画を見ておくことは非常に有意義。

大学生活で、
100本くらいの映画は見たいところ。

ネットで映画を見る方法

終わりに

とにかく、
学生には時間があるので、
その時間を極力無駄にしないように行動していくことが重要

更に、
頭の柔らかい学生だからこそ、
様々な価値観に触れ、
たくさんの人から、
様々なことを吸収することも大事である。

お金は無くても、
時間を大切にかつ、
有意義に使うクセをつけておくことも重要である。