飲み会。

お酒好きな人ならまだしも、
お酒がそこまで好きでもない人間にとっては、
アルバイト先の飲み会などは、
害悪でしかない。

そう思う人も多いのではないだろうか?

実際に、
バイト先の飲み会程ウザいものは無いと思う。

そこで、
今回は、
そんなバイト先の飲み会に参加しない5つの方法について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

普段からノリの悪いキャラをつくっておく

飲み会に参加しないために、
普段からノリの悪いキャラを作っておくことである。

つまり、
普段から、
無駄にバイト先の仲間と話したり、
遊んだりしないということだ。

また、
バイトが終われば、
直ぐに帰るようにするのも重要である。

ノリの悪い人間を誘おうと、
バイト先の人間は思わないからだ。

バイト先の人間と仲良くしない

次に、
バイト先の人間と仲良くしないこと。

勿論、
必要最低限のコミュニケーションは重要であるが、
それ以上のコミュニケーションはバイト先の人間と図らない。

仲良くない人間を誘おうと、
バイト先の人間は思わないからだ。

役職のある人間にならない

そして、
役職のある人間にならないこと。

役職がある人間になってしまえば、
当然飲み会にも参加せざるを得なくなる。

役職のある人間にならないことも、
バイト先の飲み会に参加しないために、
重要なことだろう。

そもそもあまりバイトに入らない

そもそもあまりバイトに入らないようにすること重要である。

あまりバイトに入らないことにより、
バイト先の人間にとって、
あまり重要ではない人物にカテゴライズ(分類)される可能性が高くなる。

そして、
無駄に仲良くなるリスクも避けることが出来る。

あまりバイトに入っていない人間を、
バイト先の人間も無理して飲み会に誘おうとは思わない

人間関係があまり必要の無いバイトをする

最後に、
人間関係があまり必要の無いバイトをする
ことも重要である。

バイト先の飲み会のメリットとして、
もっと職場の人間と仲良くなって、
円滑に業務を進めるようにすることもある。

人間関係があまり必要の無いバイトだと、
飲み会自体が少なかったり、
全くないようなアルバイトもある。

人間関係が重要なアルバイトよりも、
あまり人間関係が必要の無いアルバイトの方が、
飲み会自体の頻度は少ない可能性が高い。

終わりに

とはいっても、
あなたがそのバイトに対して本気でやっているのなら、
飲み会に参加することも悪いことでは無い。

飲み会に参加することで、
職場の人間と仲良くなることが出来るからだ。

ただ、
ただ単にお金を稼ぐ為だけにバイトをしている場合や、
飲み会が嫌いで参加したくない場合は、
とにかく、
バイト先の人間と仲良くなり過ぎないことが重要である。

バイト先の人間も、
仲良くない人間を無理に飲み会に誘おうとしないからだ。