ニートに関しては、
以前の記事にも書いたが、
今回は、
ニートから社会人復帰するための具体的な手順について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

生活リズムを正す

まず、
ニートから社会人復帰するために、
重要なことは、
生活リズムを正すことである。

当たり前の話ではあるが、
朝起きて、
夜寝るようにする

ニートの場合は、
生活リズムが狂っていることが多いと思うので、
極力、
生活リズムを整えるようにしよう。

昼散歩する

次に昼間に散歩する

現状ニートの場合
昼夜逆転してしまっていることが多いと思うので、
日の光を浴びるためにも、
昼間散歩するようにしよう。

※日の光を浴びると、
自律神経などが整い、
昼夜逆転が治りやすくなるため。

また日の光を浴びることにより、
体調や精神状態もよくなり、
夜眠りやすくなるのもメリットの一つである。

とにかく、
日の光を浴びるようにしよう。

お店の店員と話す

次に、
お店の店員でいいので、
話をしてみよう。

携帯ショップの店員さんなどは、
割と親切に話をしてくれるので、
おすすめ。

どんな人でもいいので、
他人と話す練習をしよう。

短期アルバイトでいいので面接に行く

次に短期アルバイトでいいので、
面接を受けてみよう。

短期アルバイトならば、
アルバイトの面接に落ちるところも少なく、
履歴書不要の場所もあるので、
おすすめである。

また、
短期アルバイトも少ししんどい場合は、
治験のアルバイトをするのもいいだろう。

長期アルバイトの面接に行く

短期アルバイトで、
お金を稼ぐこと、
また、
色んな人と接することに慣れれば、
長期アルバイトの面接に行こう。

お金を稼ぐ楽しさや充実感を覚えていれば、
長期アルバイトをするのも、
そこまで苦にはならないだろう。

終わりに

ニートから社会人復帰するための具体的な手順は、
大体こんなところだろう。

以前の記事にも書いたが、
世間はニートには厳しいが
ニートから脱却しようとする人には、
そこまで厳しくない

あなたの年齢がいくつだろうかだ。

治験アルバイトや、
短期アルバイトならば、
そこまで経歴や職歴を見られることも少なく、
仮に空白の期間を聞かれても、
精神的にいろいろあって、
仕事するのがしんどい時期でした、
などといえば、
そこまで追求されることも無いだろう。
(確かに履歴書の空白期間が長ければ、
それで面接がダメになる会社もあるかもしれないが、
個人的には履歴書云々よりも、
アルバイトは本人のやる気が重要のように思う。
いくらあなたの職歴の空白期間が長くても、
あなたにやる気さえあれば、
あなたがどんな人間だろうが、
必ず採用してくれる会社はある。
また、
面接に受かりやすいアルバイトなどに、
面接に行くのも一つの手段である。)

現状を変えるためにも、
ほんのの少しでいいので、
勇気を出して、
一歩を踏み出してみよう。