YouTubeを毎日見ていれば、
嫌いなYouTuberというものが、
現れてくると思う。

勿論、
人間だから、
好き嫌いは必ずあるので、
好き嫌いがあるのはしょうがないことだと思うが、
もし、
あなたが嫌いなYouTuberに対して、
アンチコメントなどをしているのであれば
それは辞めた方がいい

今回は、
嫌いなYouTuberがいればアンチコメせずに徹底的に無視した方がいい理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

再生数も金になるから

まず初めに、
再生数も金になるから

YouTubeの場合、
収益の制度が、
おおむね再生数に比例しており、
あなたがアンチコメントをする際に、
その嫌いなYouTuberにアンチコメントすれば、
その再生数も金になっている場合が多い。

もし、
広告などを無視したとしても、
再生数があれば、
その動画は目立ち、
YouTube内で上位表示されたり、
おすすめ動画に現れる可能性が高くなる。
(YouTube外でも。)

なので、
実質アンチであるあなたが、
嫌いなYouTuberに対してアンチ活動をしていることは、
そのYouTuberに対してお布施をしているような感じになるので、
これではアンチ行為をしているのか、
応援をしているのか、
わからなくなってしまう。

なので、
本気で嫌いなYouTuberに対しては
そもそも動画すら見ない方がいい

アンチコメントもコンテンツになるから

次に、
アンチコメントもコンテンツになるから

アンチコメントですら、
YouTuberの飯のタネになる。

なぜならば、
YouTubeには、
アンチコメントを見に来る、
視聴者や、
アンチリスナーもいるからだ。

あなたのコメントが、
嫌いなはずのYouTuberのコンテンツになっているのだ。

ネット犯罪のリスク

最後に、
ネット犯罪のリスク

ネットの法律は、
年々変わっており、
あなたのアンチ活動が、
ひょっとすれば、
法律に触れる可能性もある。

また、
相手のYouTuberが訴訟などを起こした場合、
(限りなく可能性は低いと思うが。)
非常にめんどくさいことになる可能性が高い。

そのようなリスクを背負ってまで、
自分が嫌いなYouTuberに対して、
アンチ活動をする意味があるのか、
ということである。

終わりに

YouTuberにとって、
最悪なのは、
誰からも注目されなくなることである。

あなたが、
好きなYouTuberならば、
あえて厳しい言葉を投げかけるのもいいと思うが、
マジで嫌いなYouTuberの場合
動画も視聴せず
ツイッターなどでも一切触れない方が、
そのYouTuberがオワコン化する可能性が高い

とにかく、
嫌いなYouTuberは徹底無視するようにしよう。

愛の反対は憎しみではなく
無関心という言葉もあるが、
とにかく無視し続けること
それがそのYouTuberに対する
最高のアンチ活動である。

追記 2019/08/01

記事内では触れることは出来ませんでしたが、
そもそも自分が嫌いな人物や物事に対して
時間を使うと言うこと自体
無駄なことが多いです。

どうせあなたの貴重な時間を使うなら、
自分が好きな人や、
大切にしている大事な人に時間を使った方が明らかにいいです。

自分が嫌いな人に
時間を使うこと程、
人生において無駄なことは無いと思います。