アルバイトをしていれば、
頻度は多くは無いと思うが、
そのアルバイトがクビになることもあるだろう。

何度も何度も同じ理由で、
アルバイトをクビになるならば、
本人に大きな問題がある場合もあるが、
アルバイトをクビになるには、
様々な原因がある。

そこで、
今回は、
アルバイトをクビになる理由とその対処法について話していこうと思う。

スポンサーリンク

社会人としてのレベルが低すぎる

まず初めに、
社会人としてのレベルが低すぎること。

例えば、
遅刻の多さ。

注意されているのに、
何度も何度も遅刻をする。

後は、
服装だったり言葉遣い。

あまりにも、
社会人として適さない言葉遣いだったり、
服装をしていて、
それを改善する気が無い場合、
アルバイトをクビになるケースは多いだろう。

対処法

上司に言われれば、
すぐ直す。

服装や髪型などは、
こだわりがあることも多いと思うが、
もしどうしてもこだわりが大きい場合は、
服装や髪型が自由なアルバイトを探すようにしよう。

明らかにその仕事に向いていない

次に、
明らかにその仕事に向いていないこと。

例えば、
人と話すのが苦手なのに、
接客業をしていたり、
非力なのに、
引っ越しのアルバイトをしていたときなどだ。

業務に支障をきたすレベルで、
あなたの仕事に問題がある場合は、
アルバイトといえど、
クビになる場合もある。

対処法

自分に合っているアルバイトをすること

あなたに合っていないアルバイトがあるように、
あなたに合っている、
向いているアルバイトというのは必ず存在するので、
自分に合わないアルバイトではなく、
自分に向いているアルバイトを探してするようにしよう

得意なアルバイトの見つけ方

面接のときにうそなどをついていた

最後に、
面接のときにうそなどをついていたこと。

面接の時にうそをついていれば、
そのアルバイトの業務に支障をきたすレベルのうそ(資格の詐称など。)であれば、
バイトをクビになる可能性はある。

対処法

面接では極力ウソをつかない

そもそもウソをついたところで、
そのアルバイトがあなたに向いていないのであれば、
結局辛い思いをするのはあなたである。

ウソをつかないと面接に受からないようなアルバイトをするくらいなら、
ウソをつかなくても面接に受かる、
自分に向いているアルバイトを探した方がいいだろう。

終わりに

確かに、
アルバイトをクビになればショックだと思うが、
あまり気にしてもしょうがない。

自分に悪いところがあったと思うのならば、
その悪いところを直し、
次のバイトに活かせばいいだけだ。

どうしても、
合わないバイトだと、
解雇になる場合もあると思うので、
クビになったとしても気にしすぎることなく、
自分に合ったアルバイトを探すようにしよう。

長期アルバイトを探すならバイトルがおすすめ

短期アルバイトを探すならショットワークスがおすすめ