転職を考えている人で、
営業職へ転職しようと考えている人もいるだろう。

また、
単純に営業職自体に関心がある人も多いと思う。

そこで今回は、
元営業マンである私の実体験を基に、
営業職のメリットデメリットについて、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

メリット

まずは、
営業職のメリットから話をしていこうと思う。

いつからでも始められる

営業職のメリットとして、
いつからでも始めれることだ。

他の職業ならば、
キャリアが必要だったりすることも多いと思うが、
営業職の場合
キャリアなどは一切不要

また、
年齢も不問

あなたの年齢がいくつだろうが、
始めることが出来るのも、
営業職のメリットだろう。

特殊な能力が不要

次に特殊な能力が一切必要無いこと。

営業職に特殊な能力は必要無い

必要なのは
断られても断られても
折れない強靭なメンタルだけだ。

短期間での高収入が可能

最後に、
短期間での高収入が可能なことだ。

営業職ならば、
職種や業界にもよるが、
全くの未経験でも、
初月から月収100万円以上が可能である。

これも、
営業職ならではのメリットであろう。

デメリット

では次に営業職のデメリットについて、
話をしていこうと思う。

メンタルが強くないと無理

営業職のデメリットとしては、
まず、
メンタルが強くないと無理だということだ。

メンタルが強くないと、
営業職は続かない。

メンタルも有る程度鍛えることは出来ると思うが、
基本、
営業の仕事は、
断られることしかないので、
NOと言われ続けても、
折れない心が必要である。

メンタルが弱い人は、
絶対に営業職には向いていない

【営業】メンタルの鍛え方について

向き不向きがハッキリする

そして、
向き不向きがハッキリしているのも、
営業職の特徴だろう。

人と話すのが嫌いだったり、
メンタルが弱ければ、
営業の仕事は絶対に続かない。

1日で営業の仕事を辞めてしまうだろう。

営業職に向いていない人の3つの特徴

時代に逆行している

そして、
最後に時代に逆行していること。

今の時代、
ほとんどの人はスマホを持ち、
ものを買うのも、
ネットから買う人が非常に多い。

わざわざ営業マンの話を聞かなくても、
ネットである程度の情報は手に入るようにもなった。

営業職は、
インターネットの発達
スマホの普及と共に
必ず滅びゆく運命にあるだろう。
(滅びゆくというよりは、
確実に規模は縮小していくと思います。
特に訪問販売や電話営業などの営業は、
今後確実に滅んでいくように思います。)

終わりに

大体営業職のメリットデメリットは、
大体こんな感じである。

営業職は、
誰でも簡単に始められて
無茶苦茶稼げる可能性も高いけど、
向き不向きはハッキリするということ。

個人的には、
営業職にはメリットも大きいと思うので、
営業職に関心があるのなら、
一度はチャレンジしてみるのは、
ありだと思う。

営業職に転職するための3つの方法