もし今あなたが営業職に就いているのならば、
ほぼ100%の確率で、
営業の仕事が辛い
営業の仕事を辞めたいと、
思ったことが有るだろう。

私も、
営業の仕事に就いていたときは、
何度営業の仕事を辞めたいと思ったのかわからない。

そこで、
今回は、
元営業管理職の私から、
営業の仕事が辛い時の対処法について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

営業のメリットを再認識する

まず初めに、
営業職のメリットを再認識することだ。

営業職は、
成果主義を取り入れている場所が多く、
頑張れば頑張るほど、
給料であったり、
役職としてすべて自分に跳ね返ってくる場所が多い。

また、
あなたの年齢が若ければ、
若くして、
収入と地位を手にすることが出来るのも営業職の魅力である。

まずは、
しっかりと営業職のメリットを、
認識することが重要だろう。

営業職のメリットを再認識して、
それでも営業の仕事を辞めたいと思うのであれば、
それはもう単純に営業の仕事は向いていないと思うので、
素直に営業職は辞めて転職した方がいいだろう。

営業は辛いものと割り切る

次に、
営業の仕事は辛いものと割り切ることである。

もうこればっかりはしょうがない。

営業の仕事は辛い

なぜならば、
基本断られるから。

あなたもご存知の通り、
営業の仕事なんてのは、
ほとんどが客に断られる。

営業職に就いている限り、
この精神的な苦痛からは逃れられない。

どんなに売れているセールスマンだろうが、
管理職だろうが、
社長だろうが、
営業の仕事に就いている人は、
みんな辛い思いをしていることを、
理解することだ。

営業の仕事に就いている以上、
どんな人間でも必ず苦しんでいる。

辛い仕事だからこそ
給料がよかったりするのである。

転職する

最終手段として、
転職することだ。

営業職以外の仕事に就くこと。

どうしても、
営業職が辛い場合、
最悪転職するのもありである。

辛い仕事を長く続けていると、
うつ病になってしまうリスクなどもあるので、
どうしても辛くて耐えられない場合は、
早めに転職するようにしよう。

営業職以外の仕事なんてこの世にそれこそ無限にあるし、
あなたに営業職以上に向いている仕事がある可能性も高いので、
毎日辛くてしょうがない場合は、
無理して今の仕事を続けず、
さっさと転職してしまうのも一つの手段である。

終わりに

営業の仕事は辛いものだ。

ただ、
営業の仕事ならではの良さもあることも事実

どうしても辛い場合、
長く続けていてもしょうがないので、
営業以外の仕事に就くことも視野に入れて、
行動するようにしよう。