マックスむらいという人物をご存じだろうか?

YouTubeを見ている人ならば、
マックスむらいを知らない人は、
少ないと思うが、
そんなマックスむらいが完全にオワコンである。

マックスむらいといえば、
ヒカキンなどと共に
YouTubeジャパンのゴリ押しCMに出たことでも有名である。

そんなマックスむらいがなぜオワコンになってしまったのか
その理由について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

そもそもマックスむらいに人気が無い

まず初めに、
そもそもマックスむらいに人気が無いこと

マックスむらい自体に、
演者(YouTuber)としての才能は無い

なぜならば、
マックスむらい自体
若くも無く、
イケメンでも無く、
面白くも無いからだ。

マックスむらいが人気が出た理由として、
YouTube初期から、
ゲーム実況(パズドラ実況)という誰もやっていなかったことをやったという、
ある意味先行者利益的なところがあっただけで、
マックスむらいが面白いから
マックスむらいが売れたのでは無い

誰もやってなかったことをやったから、
最初は物珍しさで見ていた人も多かった。

しかし、
今では、
優秀なYouTuber達が、
ゲーム実況を初めて、
わざわざ面白くもない、
マックスむらいを見ようとは思わなくなった。

ただそれだけのこと。

黒いうわさの数々

次に、
黒いうわさの数々

マックスむらい並びに、
アップバンクには、
黒いうわさが多すぎる。

あまりにも、
よくない形で、
炎上することが多過ぎた。

これに関しては、

まっくす村井 黒いうわさ

で検索してもらえば、
マックスむらい並びに、
アップバンクに関する黒いうわさはたくさん出ているので、
興味がある人は、
確認してもらえればと思う。

優秀な人材の流出

最後に、
優秀な人材が流出したこと

具体的には、
kosuke。

kosukeは、
演者(YouTuber)としては、
無茶苦茶優秀だったが、
kosukeは今や独立してしまった。

他にも、
スプリングまおなども、
アップバンクを退社している。

何が原因かはわからないが、
会社組織である以上、
優秀な人材が他に流出することは、
会社にとって痛手でしかない。

終わりに

マックスむらいは、
そもそもプレイヤー(YouTuber)としては、
優秀ではなく、
先行者利益で売れただけ。

マックスむらいがオワコンになるのは、
ある意味必然だったように思う。

おそらくだが、
今後、
マックスむらい(アップバンク)がかつてのように、
輝きを取り戻すことは無いだろう。

さようなら、
マックスむらい。

追記 2019/08/02

記事中では触れませんでしたが、
マックスむらいが極度に依存していた、
パズドラがオワコンになったことも、
マックスむらいがオワコンになった理由の一つにあるでしょう。

また少なくとも、
2019年現在、
マックスむらいが特に注目を浴びることもなく、
これから彼がかつてのように輝きを取り戻すことも無いように思います。

YouTuberの世界は、
厳しいですね。