ポケモンGOをプレーしている人ならば、
P-GO SEARCH(ピーゴーサーチ)の名前は、
一度くらいは耳にしたことがあるだろう。

P-GO SEARCHは簡単に言えば、
公式アプリでは、
見ることのできない、
ポケモンの位置情報を、
知ることのできるアプリ

例えば、
比較的見つけることの難しいレアポケ、
ラプラスや、
ヨーギラス系など、
このP-GO SEARCHを使えば、
一瞬で見つけることが出来るのが、
P-GO SEARCHの特徴である。

このP-GO SEARCH。

勿論、
公式アプリでは無いので、
賛否両論はあるのだけど、
今回は、
P-GO SEARCHに関して、
私の意見を話していきたいと思う。

スポンサーリンク

P-GO SEARCHはありか無しか。

P-GO SEARCHはありか無しか。

結論から言うと、
私の意見はP-GO SEARCHはありである。

というか、
P-GO SEARCHを使わないと、
圧倒的に、
図鑑コンプ率は落ちる。

そして、
P-GO SEARCHを使わなくても、
ほとんどのポケモンGOプレイヤーが、
P-GO SEARCHを使っているので、
実質P-GO SEARCHを使わずにプレーすることは不可能である。

というのも

というのも、
例えば、
レアポケモンが湧きやすい聖地に行ったとする。

今でいえば、
お台場、
南港、天保山などだろうか。

すると、
そういった聖地にわざわざくるような、
ガチ勢、準ガチ勢は、
ほとんどP-GO SEARCHを使っており、
あなたがP-GO SEARCHを使わなくても、
P-GO SEARCHを使っているプレイヤーの動きに影響されることは必至である。

例えば、

レアポケが湧く

民族大移動(ピゴサ民を筆頭に)

あなたも影響されてついていく

結果P-GO SEARCHは使っていないが使っていることに

などのような流れである。

これは、
実際にポケモンGOの聖地と呼ばれるような場所に行ってもらえれば、
実感できると思う。

公式は黙認

ちなみにこのP-GO SEARCH。

公式は黙認している。

一時期、
P-GO SEARCHが使えない時期があったそうだが、
今は普通に使える。

更に、
P-GO SEARCHに関しては、
運営(ナイアンティック)が禁止すれば、
一瞬で使えなくすることは可能である。

が、
現状、
運営はP-GO SEARCHを放置しているし、
公式な声明でも、
位置偽装に関しては、
BANしていくことを発表しているが、
P-GO SEARCHに関しては、
特に触れている様子もない。

つまり、
運営は、
公にはP-GO SEARCHを認めていないが、
黙認している状態にある。

※2018/09/07現在、
P-GO SEARCHに限らずすべてのポケモンGOに関する位置情報アプリは、
運用が停止しています。

P-GO SEARCH無しでは図鑑コンプはほぼ不可能

個人的な話になるのだけど、
私は以前はP-GO SEARCH抜きでプレーしていた。

しかし、
P-GO SEARCH抜きではプレーに限界がある

そもそも、
普段滅多にわかない、
(ラプラスやプテラ、ポリゴンなど)のゲットは、
ほぼP-GO SEARCH抜きでは無理だし、
(卵からの孵化なら可能)
今だと、
卵からは生まれない、
アンノーンゲットは、
P-GO SEARCH抜きで野生でゲットするのははほぼ不可能だろう。
(イベントを利用すれば可能。)

また、
P-GO SEARCHは、
ポケモンGOのモチベーションを維持してくるのに、
非常に役に立つ

例えば、
P-GO SEARCHを使わずにプレーしていて、
レアポケが湧いたとする。

そして、
その周辺100mくらいを歩きまわる。

しかし、
結局見つからず、
レアポケは消えてしまった。

モチベダダ下がりである。

しかし、
P-GO SEARCHを使えば、
ほぼ100%、
レアポケに遭遇することが出来る。

また、
自分が欲しいポケモンを、
ピンポイントでゲットすることも可能なのが、
P-GO SEARCHなのである。

終わりに

勿論、
全て自己責任なので、
ひょっとすれば、
運営がP-GO SEARCHを使っている人間をBANすることも、
考えられないことは無いが、
もし、P-GO SEARCHを使っている人間が、
BANをされるならば、
ほとんどのポケモンGOプレイヤーがBANされるのでは無いだろうか。

結論、
位置偽装は無しだが、
ピゴサは有り。

7月23日にP-GO SEARCH(ピゴサ)が閉鎖するようです