ポケモンGOに限らずだが、
ゲームをやっていてイラつく瞬間というのは、
意外に多い
ように思う。

そこで今回は、
せっかくなので実体験を基に、
ポケモンGOをやっていてイラつく瞬間
について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

卵からゴミポケ

まず初めに、
卵からゴミポケ

具体的には、
10キロ卵から、
ウソッキーマンタインクヌギダマ

必死に10キロを歩いて、
上記のポケモンが出た時は、
全てを忘れて、
スマホを地面にたたきつけたくなる。

ちなみに、
金銀が実装されるまでは、
10キロ卵のはずれといえば、
カイロスだったが、
カイロスは残念ながら、
5キロ卵に降格したので、
カイロスは、
ポケモンGOユーザーのヘイトから、
うまいこと逃れる形になった。

今は、
10キロ卵のヘイトは、
ウソッキー、マンタイン、クヌギタマの、
3匹が担っている

レアポケに逃げられる

次に、
レアポケに逃げられる

ポケモンGOでは、
比較的、
レアポケモンは捕まえにくい使用になっている。

特に、
超激レアポケモンと呼ばれるような、
ラプラス、ポリゴン、プテラ、アンノーンなどは、
逃げられた瞬間、
頭に血が上り、
すべてを忘れかける。

私事だが、
一日中待機かつ歩き回って見つけた未ゲットラプラスを、
逃がしたときは、
全てを忘れて、
スマホを地面にたたきつけかけた。

私は経験が無いが、
未ゲットのアンノーンなどに逃げられれば、
マジで発狂してしまうのでは無いだろうか。

様々な場面での回線落ち

最後に様々な場面での回線落ち

ポケモンGOは回線が弱い。

しょっちゅう落ちまくる。

そして、
大事な場面で落ちまくる。

ポケモンをゲットしようとしていたとき
卵の孵化の時
ジム戦の時
などである。

ナイアンティックは無能なので、
こればっかりはしょうがないが、
重要な時に回線落ちすると、
非常に腹正しい。

なぜ、
運営が対策をしないのかわからない

終わりに

ゲームにストレスは付きものだが、
特にポケモンGOは、
上記に上げた瞬間に非常にストレスが溜まる。

個人的には、
10キロ卵からゴミポケが出た時が一番ストレスが溜まる。

結論、
ナイアンティックは無能。