私は学生時代、
文系だったことも有り、
また昔から漫画が好きだったり、
無限に時間があったため、
今までの人生で、
かなりの数の漫画を読んできた

1日中漫画喫茶に引きこもり、
ひたすら漫画を読んでいた時期もある。

そこで、
今回は、
学生であるあなたに、
学生時代に読んでおいた方がいい漫画について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

カイジ・福本 伸行

まず、
はじめに福本伸行のカイジ

カイジは、
映画化もされており、
かなり有名な漫画だと思うが、
カイジは特に大学生におすすめである。

大学生は、
モラトリアム期間ということも有り、
なんとなくやる気が起きず、
怠惰な日々を送っている人が多いと思うので、
そういう人にはぜひ読んでほしい漫画である。

福本伸行自体、
ギャンブル漫画で有名で、
カイジの他にも、
アカギという麻雀漫画の金字塔的な漫画があるが、
カイジに関しては、
そこまでギャンブルに詳しくなくても、
楽しむことが出来るのが特徴になっている。

人生において、
非常に重要なことを、
カイジは教えてくれる。

バカボンド・井上雄彦

次に、
井上雄彦のバカボンド

バカボンドも素直に、
むちゃくちゃ面白い。

井上雄彦といえば、
バスケ漫画の金字塔である、
スラムダンクが有名だと思うが、
スラムダンクが、
人間の光の部分を描いた漫画だとすれば、
このバカボンドは、
人間の闇の部分を描いたような漫画である。

漫画には珍しい、
哲学や死生観を学べる、
数少ない漫画なので、
おすすめである。

また、
井上雄彦の絵は、
猛烈にうまいので、
単純に芸術的な観点からもおすすめの漫画である。

余談ではあるが、
同じ井上雄彦のリアルという漫画も面白い。

リアルはちょっと珍しい、
車椅子バスケに焦点を当てた漫画であるが、
出てくるキャラクターなどがキャラとして際立っており、
非常に面白くおすすめの漫画である。

ブラック</ジャックによろしく・佐藤秀峰

最後に、
佐藤秀峰のブラックジャックによろしく

ブラックジャックによろしくは、
その名の通り、
医療漫画である。

ブラックジャックによろしくも、
普通に生きていれば、
スルーする社会の根深い問題だったり、
医療の闇に関して触れているので、
あなたの哲学観であったり、
死生観を養うことが出来る、
数少ない漫画である。

また、
佐藤秀峰は、
他にも海猿などの漫画でも有名であるが、
ブラックジャックによろしくに関しては、
他の漫画とは全く違った、
非常に考えさせられる漫画になっているので、
特に大学時代などに読むのがおすすめである。

ブラックジャックによろしくは、
ネット上で無料で読むことが出来るようになっているのも、
特徴の一つである。

終わりに

とにかく、
学生時代は、
時間とエネルギーが有り余っていると思うので、
様々な価値観に触れることをおすすめする。

勿論、
漫画だけでなく、
本を読んだり
人と会ったりすることも重要である。

また、
漫画を読んだ経験なども、
意外に人と話すときに、
共通の話題などになったりすることもあるので、
おすすめである。