ニコ生や、
youtubeには、
実にたくさんのキッズがいることが有名である。

そこで、
今回は、
ニコ生やyoutubeに蔓延るキッズの特徴について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

ネットの危険性を理解していない

まず、
ネットの危険性を理解していないことである。

ネットは非常に危険である。

一度、
ネットに発信してしまうと、
基本的に、
その情報は一生残る

しかし、
キッズたちは、
そんなことはお構いなしに、
書いてはいけないことまで書いてしまう。

他人の個人情報であったり、
名誉棄損レベルでの、
誹謗中傷だったり。

これは、
後述する、
著しく社会経験が無いことが原因であるが、
しかし、
現状キッズでも、
自由にネットで情報発信する権利があるため、
不注意な言動で、
人生が詰んでしまうキッズが多い。

インターネットは、
非常に危険なことが分からないのが、
キッズなのである。

盲目的に信じてしまう

次に、
ある情報を盲目的に信じてしまうこと

キッズは、
誰か有名な人物の信者になっていることが多く、
youtubeであれば、
人気youtuber、
ニコ生であれば、
人気生主になるのだろうが、
自分が信じている教祖様が言うことは、
キッズには絶対なのである。

自分で頭で考えることが出来ないキッズは、
自分が信じている教祖様の言うことは、
絶対であり、
その教祖様が誰かにdisられたりすれば、
まるで自分がdisられたかのように、
教祖様をdisった人物を激しく攻撃してしまうのが、
キッズなのである。

社会経験が著しく少ない

最後に、
社会経験が著しく少ないこと

キッズに社会経験なんてない

所詮、
小学、
中学、
高校での経験しかないため、
世の中の仕組みなど全く分かっておらず、
当然、
ものの善悪など、
全く理解出来ていない

自らの力で、
お金を稼いだことが無い人間は、
みなキッズである。

終わりに

キッズとネットの相性は最悪である。

キッズは、
やっていいこととダメなことの分別がつかないため、
簡単に、
ネット上で犯罪を犯してしまうことが出来る。

これは、
親や学校がしっかりと、
ネットに対しての教育をしていくいないことも原因の一つであるが、
残念ながら、
親も学校も、
ネットに関しては白雉(無知)なため、
キッズの暴走はとどまることは無いだろう。

結論

キッズを含め、
バカには、
ネットをさすな。