ジョーブログが完全にオワコン化した。
(少なくとも私の中では。)

なぜ、
ジョーブログがオワコンになってしまったのか。

その理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

旅(海外)に出ないから

まず初めに、
海外への旅に出ないから

というか、
これがすべて。

ジョーブログの最大の魅力は、
海外旅

海外でも全く物怖じせずに、
自分を貫くジョーブログの姿には、
強い憧れと共に、
感動さえ覚えた。

しかし、
最近のジョーブログは、
海外に出る気が全くない。

旅に出なければ
ジョーブログは、
他のYouTuberと何も変わらない

だからあえてジョーブログを見る理由も無くなり、
オワコン化した。

シンプルな理由である。

他人の目を意識し過ぎだから

次に、
他人の目を意識し過ぎだから

ジョーブログは、
自分のやりたいことをやるといっておきながら、
アンチコメントなどに過敏に反応し過ぎ。

アンチなんて、
有名になれば、
必ず出てくるし、
そもそもYouTubeの収益システムは、
再生数に応じて、
収益は入るので、
アンチさえ金になるのだから、
アンチ万々歳なはずなのだが、
いちいちアンチに反応し過ぎている。

アンチに反応すればするほど、
小物感が半端ない

だから、
同世代以上の人間の共感を得れなくなり、
オワコン化した。

成功したと勘違いしているから

最後に、
成功したと勘違いしているから

ジョージョブログ自身が、
成功したと思っているかどうかは正確にはわからないが、
最近だとやけに、
熱く夢を語っている姿などが、
目につく。

ハッキリ言って、
ジョーブログの演説など薄っぺらい

人生経験も薄ければ、
人格者でもなく、
大した成功も収めてないのだから

演説をするのは、
ジョーブログがもっと、
年齢を重ねてからで十分だ。

終わりに

ジョーブログは考えなければならない。

なぜ、
最近のジョーブログの動画は、
低評価が先行しているのかを。

YouTubeの視聴者は甘くない

今ではたくさんのYouTuberがおり、
またYouTuberだけでなく多くの配信者(生放送主)なども増えており、
視聴者側の目も非常に肥えてきている。

こいつ無いな、
と思われれば、
一瞬で損切りされる時代である。

私は、
海外で輝いているジョーブログが好きだった。

私が好きだったジョーブログは、
もういない。