古参の永井リスナーならまだしも、
最近永井先生を知ったような人だと、
なぜ永井先生には、
頻繁に永井先生を接待するような狂信者(妖精)がいるのかと、
疑問に思う人もいると思う。

そこで、
今回は、
あくまでも私が思う、
永井先生に狂信者が多い理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

救われた坊の存在

妖精を語る上で、
外せないのが、
救われた坊の存在である。

救われた坊とは、
その名の通り、
永井先生に救われた人(房)ということである。

というのも、
私が永井先生を知ったのは、
今から10年くらい前だが、
その頃は、
今のように、
youtuberなんて職業は存在せずに、
また配信業なんて職業も存在しなかった。

配信をしている人自体の数も少なく、
またその配信をしている人のレベルも、
趣味レベルのもので、
あまり高いものでは無かった。

そんな中、
永井先生の配信は、
毎日無茶苦茶人気で、
永井先生ががサミタ(サミータウン)でパチスロを打ったりすれば、
リスナーが一気に永井先生の打つ台の近くに押し寄せ、
永井先生と一緒に打つという有様だった。

また、
永井先生の人気も、
今のように永井先生が登場すれば、
アンチコメントを書かれるようなものでは無く、
ほとんどの永井リスナーが、
永井放送を楽しみにしていたような状況だった
(それでも一定のアンチコメントはあったが。)

昔の永井先生

というのも、
昔の永井先生は、
カリスマ性があった

年齢的な勢いもそうだが、
昔の永井先生は、
頑張っていた

色々なことに頑張っていたから、
配信のネタもたくさんあったし、
永井先生が発する言葉自体にも、
強いメッセージ性があった

そんなカリスマ永井だからこそ、
当時引きこもっていたような人間は、
永井先生に影響され、
感化されることも多く、
俗にいう永井先生に救われた、
救われた坊が多く出てくることになるのである。

救われた坊が妖精に

そんな昔、
永井先生に救われた人達が、
当時の永井先生への恩返し的な意味を込めて、
永井先生を接待するのである。

救われた坊にとっては、
永井先生は憧れの人であり、
カリスマであり、
絶対的教祖である。

教祖のためには、
お金を惜しまないのは、
宗教の常である。

だから、
今の完全オワコン化した永井先生にも、
たくさんの狂信者、
妖精がいるのである。

事実

確かに、
昔のカリスマの永井先生を知らない人にとっては、
なぜ永井先生なんかに救われるのか、
と思う人もいると思うが、
昔の永井先生は本当にすごかった

特に、
今のように、
優秀なyoutuberや生主が存在していなかったので、
ネットのアングラな視聴者は、
ほとんど永井先生が囲っていたといっても過言ではない。

そして、
現実に永井放送は、
マジで面白かった

永井先生の、
トークは本当に神がかっていおり、
今の人気生主など、
本当に目じゃないくらい、
面白かった

私は、
永井放送を見た時、
テレビの終焉を感じ、
それ以来、
もう10年近く、
まともにテレビを見ていないが
テレビの終焉を感じさせるくらい、
永井先生の放送は面白かった

また、
永井の弟の、
ひろ君こと、
博之の放送も人気があり
永井先生が、
パチスロやキャバクラなどの、
アングラな話をする反面、
博之は、
ゲーム配信、
それもレトロゲームなどの配信をし、
永井先生の配信では取り込めないような、
リスナーまで、
永井放送は取り込んでいったのである。

(博之の放送は、
永井先生の放送ほど、
カリスマ性があり爆発力があったわけではないが、
当時は本当におもしろい生主や、
ゲーム実況者などがいなかったため、
それなりに人気を集めていたし、
それなりに面白かったと思う。)

終わりに

永井先生に狂信者(妖精)が多いのは、
過去の永井先生が、
あまりにもカリスマだったため、
そのカリスマ性に救われた人間が多かったから

だから、
永井先生は、
接待のみで生活が出来ているのである。

昔の永井先生は本当にすごかった。

本当に面白かったが、
今の永井先生は見る影もない

過去の信用残高を切り崩し、
今は生活をしているようだが、
そんな生活も必ず終わるときがくる

そうなったときに、
永井先生はどうやって生きていくつもりなのだろうか