永井先生がオワコンになってから、
久しく時間が経つが、
一体永井先生がオワコンになってしまったのは、
誰のせいなのか。

検証していきたいと思う。

スポンサーリンク

両親のせい

まず一つ目が、
永井先生の両親のせいというもの。

ハッキリ言うが、
これは違う

なぜならば、
永井先生のお兄さんである、
たつ兄は、
立派に働いており、
また家も立て、
子供もいる。

普通に立派な人である。

また弟の博之は、
クズには違いないが、
永井先生程クズでもなく、
ちゃんと働いていて、
彼のトークも永井先生よりは、
常識がある感じである。

もし、
永井先生の両親が悪いのであれば、
永井先生の実の兄であるたつ兄と、
永井先生の実の弟である博之も問題児になるはずだが、
博之は置いといて、
少なくとも、
たつ兄は、
模範とすべき立派な社会人である。

ゆえに、
この両親のせいというのは間違いである。

友達のせい

次に、
友達のせいというもの。

学生時代の悪友のせいで、
永井先生も悪の道に引っ張られたというもの。

まあ、
これも違う。

というものの、
永井先生の友達は、
何もみな永井先生のようなクズではなく、
というか逆に立派な人も多い。

永井配信には、
幾度となく、
永井先生の友人がプレミアム出現することが多いが、
話していることは非常にまともであり、
常識ある社会人である。

永井先生に、
有難い説教までしてくれる友人もいる有様である。

永井先生は、
友達に恵まれている。

ゆえに、
友達のせいではない。

リスナーのせい

そして、
リスナーのせいというもの。

確かに、
これはちょっとあるかもしれない。

が、
永井リスナーの中には、
何もニートや学生ばかりではなく、
しっかりと企業に勤めあげ、
子供もいる人も多い。
(というか、意外にそっちの方が多数派なのかもしれない。)

なので、
永井リスナーは全員が全員クズというわけではないので、
一概に、
リスナーが悪いとは言えないだろう。

時代のせい

次に、
時代のせい

これはちょっとある。

そもそもインターネットがあるから、
配信業なんて仕事があるのであって、
インターネットが無ければ、
ほとんどの人が、
真面目に働いて生きていくしかなかった。

インターネットは、
便利だが、
それだけ大きな危険性も孕んでいる。

インターネットが無い時代に生まれていれば、
永井先生も、
今ほどのクズでは無かったかもしれない。

妖精のせい

そして、
妖精のせい

妖精とは、
永井先生の狂信者のことで、
具体的には、
永井先生に金銭的支援を行ったりするような人のことだが、
まあ妖精のせいもちょっとはあるかもしれない。

しかし、
そもそも接待なんて受けなければいいだけの話だし、
甘い汁を吸おうとした、
永井先生にも問題はある。

が、
妖精は悪の一因であることは、
否定できない事実であろう。

自分のせい

最後に自分のせい

これです。

永井先生は、
周りの環境には恵まれている。

特に、
永井先生の友人を見ていてたり、
リスナーを見ていて思う。

みんな、
永井先生のことを考えて、
(みんなでは無いと思うが。)
永井先生にいろいろと言ってくれているのに、
永井は大勢の人の助言を無視し続け、
そして今まで生きてきた

すべて自業自得

永井先生がオワコンになったのは、
誰のせいでもなければ、
時代のせいでもない。

永井自身のせいなのである。

終わりに

確かに、
様々な要因が複合して、
永井先生がオワコンになったのは間違いないが、
一番問題なのは、
永井先生本人である。

どれだけ身近な人にアドバイスをされても、
全く聞く気が無く、
人の助言を無視して、
永遠に123(パチスロ)しているのが、
永井先生なのである。

配信業界のパイオニアは、
今では見る影もなくなってしまった。