21世紀に入り、
いや、
猛烈にスマホが普及し始めてから、
つまりここ数年の話だが、
働き方に大きな変容が起きている気がする。

私が小学生や中学生だった頃、
(今から15年くらい前)
会社に入って一企業人として働くということは、
当たり前のことだったが、
今の時代、
決して企業に入って一会社員として一生働くということが、
マイノリティーな選択肢では無くなっているような気がする。

スポンサーリンク

インターネットの発達

特に、
インターネットが発達してからは、
個人で小規模なビジネスを展開することが容易になった。

自分で撮影した動画を、
youtubeなどの動画投稿サイトに投稿して、
その動画につけた広告収入を得るyoutuber、

ブログやサイトなどで、
他人に役立つ情報や、
商品の紹介などをし、
その紹介料を得ることで収益を得るプロブロガー(アフィリエイター)、

株やFXに見る、
インターネットの発達により、
個人売買が可能になった、
個人投資家。

あげればキリが無いが、
個人でもインターネットを活用することにより、
簡単に収益を得ることが、
可能な時代になった。

全ては、
インターネットの発達のおかげである。

会社員は一つの選択に過ぎない

私が小中学生のころ、
会社員以外の職業につける人間は、
一部の才能ある人間だけだと思っていた。

例えば、
歌手やプロのスポーツ選手、
アイドルやタレント、
会社の経営者など、
一部の恵まれた才能を持つ人間のみが与えられた特権が、
自営業者であり、
個人事業主であった。

しかし、
今では、
特別な才能をそこまで持たないものでも、
(ある程度の才能は必要。)
インターネットを利用したビジネスモデルを活用することにより、
凡人でも大きな収益を得ることが可能になった。

インターネットを活用することによるレバレッジ

インターネットの力は偉大だ。

更に、
スマートフォンの普及のおかげで、
実に様々な人が、
ネットに気軽にアクセスできるようになった。

そのおかげで、
今まで最も困難であった人を集めるということ、
そう、
集客するということが、
一気に容易になり、
一般人でも広告宣伝費をかけることなく、
集客することが可能になった。

そして、
ネットの口コミなどの力を利用することにより、
非常に少ない労力で、
たくさんの人を集めることが可能になった。

また、
インターネットの発達により、
個人投資家なる職業も生まれ、
個人でも、
為替や株式の差益損益により、
それだけで食べていける人間も、
少なくない人数を生むことが可能になった。

終わりに

会社員でいることは、
凡人が生きるための唯一の選択肢では無い

インターネットを活用すれば、
大して才能を持たない人間であっても、
会社員でいれば手にすることが出来ない収入を得ることは可能である。

インターネットの可能性を実感するためにも、
一刻も早く、
ネットを利用したビジネス(副業)を始めるべきだろう。

将来性があると思う副業 ベスト5