ニコ生のバトラさんが、
チャンネルを取得したようです。

以下、
思うところを話していきたいと思う。

スポンサーリンク

ベストな選択

チャンネル取得は、
当たり前の選択だし、
バトラにとって、
ベストな選択である。

というか、
チャンネル取得がむしろ遅すぎたくらいで、
バトラ程の人気がニコ生であれば、
チャンネル取得は当然といえよう。

バトラよりも、
クソつまらない生主が、
いっちょ前にチャンネルを取得しているのであれば、
バトラ程人気の生主が、
チャンネルを取得するのは、
ある意味当たり前であり、
必然のことである。

放送が快適になった

バトラが、
チャンネルを取得することにより、
放送が非常に快適になった。

ニコ生名物の、
一般会員追い出しも少なくなったし、
画質もスマホで見ていても、
高画質で見れるようになった

放送延長なども、
チャンネルを取得することにより、
非常にスムーズになった。

チャンネル取得は、
リスナーにとっても、
バトラにとっても、
winwinだったと言えよう。

バトラが気をつけるべきこと

バトラが気をつけるべきことは、
チャンネルを取得してしまい、
完全に金儲けに走ってしまわないことだ。

バトラが人気が出たのは、
彼のスーパーマリオRTA64が、
面白かったからであり、
それ以上でも無ければ、
それ以下でもない。

決して、
バトラのシャドバ放送が、
面白かったからではない

しかし、
チャンネルを取得してしまった以上、
完全に放送を趣味でするというわけにはいかず、
今後は、
様々なしがらみにとらわれる可能性がある。

そうなった場合、
これまでの自分を変えずに、
いかにブレずに放送を続けることが出来るかが、
問題になってくるだろう。

とにかく、
自分が好きなことを続けること

いかに、
ぶれずに放送できるかが今後のバトラの課題だろう。

ニコ生最後の砦

バトラは、
真の意味でニコ生最後の砦である。

限りなく、
クリーンな放送のバトラは、
将来性が非常にあり、
ニコ生にとっても、
非常に有難い存在だろう。

終わりに

チャンネルを取得してしまい、
今まで絶大な人気を誇っていたのに、
金儲けに走ってしまい、
人気に影を差してしまうことは、
よくあることである。

特に、
バトラは、
クズ系ブランディングをしておらず、
どちらかといえば、
いい人ブランディングをしているので、
そのあたりは注意が必要である。

結論、
バトラは、
第二のうきょちにはならず、
第二のキヨを目指すべき。

憧れのバトラさんに放送で取り上げていただきました