会社員でいることには、
当然メリットもあれば、
デメリットも存在する。

そこで今回は、
会社員でいることのメリットとデメリット
について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

メリット

まずは、
会社員でいることのメリットから話をしていこうと思う。

安定している

会社員でいることの最大のメリットとして、
安定していることだ。

とにかく、
会社員は安定している

よほどのことが無い限り、
収入が途絶えることは無いし、
生活していくだけの必要最低限の収入を得ることが出来るのが、
会社員の強みだろう。

また、
その収入が途絶えることも無く、
これまたよほどのことが無い限り、
会社員をクビになったりすることが無いのも、
強みの一つである。

福利厚生がある

そして、
福利厚生があること

これは、
会社にもよるのだろうけど、
会社員は、
自営業や個人事業主、
フリーターなどと比較して、
福利厚生が安定している。

福利厚生が安定していることも、
会社員でいることのメリットだろう。

家を借りるときなどに便利

最後に、
家を借りるときなどに便利ということ。

家を借りるときや、
また家を買う時だけでなく、
ローンを組む際など、
会社員でいることにより、
社会的な信用も上がり、
何かと便利である。

クレジットカードを作る際や、
キャッシングの審査なども、
当然ながら、
会社員の方が通りやすい。

デメリット

では、
次に、
会社員でいることのデメリットについて、
話をしていこうと思う。

ブラック企業なら最悪

まず初めに、
ブラック企業なら最悪ということ。

会社員が安定しているのは、
ある程度ホワイト企業の場合であって、
ブラック企業は最悪である。

将来性の無さ

次に、
将来性の無さ

会社員は、
基本的に将来性は無い。

それは、
あなたの上司を見ていればわかることだろう。

あなたの何年か先の未来の姿が、
今のあなたの上司であり、
またあなたの将来は、
その会社にいる以上、
大きく変化することは無い。

収入の限界

そして、
最後に収入の限界

会社員は大きく稼ぐことは出来ない。

営業職など、
比較的稼ぎやすい仕事だとしても、
個人で事業をしている、
事業主などと比較すると、
大きく稼ぎにくいだろう。

終わりに

勿論、
会社員でいることは安定しているし、
現状ほとんどの人が、
今の日本を生きていく上で、
ベストな選択肢が会社員だと思う。

しかしながら、
今はインターネットが発達しているおかげで、
インターネットを利用した副業が非常に行いやすく、
また稼ぎやすい状況になっている。
(簡単には稼げないので、
注意は必要。)

副業から事業を始めるのであれば、
基本的にリスクはほぼないので、
会社員の生き方に不満がある人は、
副業から自分でビジネスをしてみることがおすすめ

将来性があると思う副業 ベスト5