ニコ生最後の砦のバトラさんが、
スーパーマリオ64120枚RTAで世界タイ記録に並んだそうです!

以下、
思うところについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

記録は妥当な流れ

最近のバトラの放送を見ている人ならばわかると思うが、
世界記録(タイ)樹立は、
妥当な流れであったといえよう。

そもそも、
世界2位だった、
Puncayshunは、
彼女を作っている時点で論外だし、
バトラさんは2年以上も彼女を作らないという、
人生の縛りプレイをされている。)

最初からバトラの敵は、
世界1位の、
Cheeseだけだった。

確かに、
世界1位のCheeseは、
マリオ64に対するストイックさからも、
バトラの永遠のライバルと呼ぶに相応しい相手だったが、

われらがバトラさんの場合、
技術の高さは圧倒的なものがあり、
唯一足を引っ張っているのが、
彼の豆腐メンタル(あまりにも弱いメンタル)だけであったので、
豆腐メンタルさえ克服出来れば、
世界は完全に手中だったのである。

バトラはいかに豆腐メンタルを克服したのか

では、
バトラはいかに豆腐メンタルを克服したのか。

いや、
正確には豆腐メンタルは克服していない。

動画を見てもらえればわかると思うが、
3階に上がってから、
TTC(チックタックロック)、
RR(レインボークルーズ)、
BIts(てんくうのたたかい)、
などでは細かいミスが目立ったので、
豆腐メンタルを完全に克服したとは言えない。

しかし、
世界記録を出せたということは、
それなりに豆腐メンタルを克服しているといえる。

どうやって豆腐メンタルを克服したのか

みなさんは、
ハンターハンターという漫画をご存じだろうか。

そう。

世界一休止する漫画家で有名な、
富樫先生の代表作である。

そのハンターハンターの漫画の中に、
念能力というものがあり、
念能力とは簡単に言うと、
人智を超えた力のことなのだけど、
その念能力のシーンに、
制約と誓約という一コマがある。


参照元:https://ameblo.jp/asatoyakira/entry-12239069370.html

この制約と誓約、
上記のクラピカさんが言っているように、
簡単にいうと、
自分で厳しい掟を定めることにより、
より極力な能力が使えるようになるというものである。

例えば、
俺はこれからの人生、
お米を食べないから、
それだけ強い能力を貰えたり、
これからの人生、
炭水化物を一切食べないから、
より強力な能力がもらえたりというものだ。

バトラは、
この制約と誓約の力を利用することにより、
豆腐メンタルを克服したように思う。

つまりどういうことかというと、
マリオ64120枚RTAの世界記録を出す変わりに、
二度とかえってこない貴重な青春時代の期間、
一切彼女を作らないというあまりにも厳し過ぎる誓約を自分に課したのである。

この制約と誓約の力により、
バトラは彼の最大の弱点であった、
豆腐メンタルを完全に克服した

youtuberになれ、バトラ

無事、
制約と誓約の力によって、
世界1を奪還した次のバトラの目標は、
youtuberでゲーム実況でNO1になることである。

現状、
youtube業界でゲーム実況のジャンルはがら空きなので、
バトラが本腰を入れて、
つべでゲーム実況動画をあげれば、
瞬く間に、
チャンネル会員数、
再生数は、
伸びるだろう。

まずは、
登録者数220000人の、
馬場豊を秒速で抜くことを目標にしようでは無いか。

終わりに

幸か不幸か、
今回たまたま、
バトラの生放送内で、
世界一になった瞬間を視聴することが出来た。
(といっても、
私が生で見れたのは、
1時間10分くらいからだったが。)

数字が、
-30を超えていたので、
これはいけるのでは無いか、
と思う反面、
どうせTTCやRRで、
豆腐メンタルを発動して、
一気に溶かすだけだろと思っていたのだが、
その私、
いや全バトラリスナーの期待をいい意味で裏切り、
タイ記録ながら、
バトラは世界記録を樹立した。

まさに、
有言実行してみせたのである。

しかし、
悲しきかな配信中毒のバトラさんには、
やはり配信しかないらしく、
引退するのかと思いきや、

「あ~くやし~次は単独の世界を狙うわ~(`・ω・´)キリッ」

みたいなことを言っていたので、
どうやら引退はなさそうである。

視聴者を裏切り続ける生主が多い中、
視聴者の期待に応えたバトラはさすがといえよう。

とりあえずバトラ、

 

おつくるる!^^*

 

ニコ生バトラが男性ゲーム実況NO1のキヨを抜くためにやるべき3つのこと