人気者にはアンチがつきものだが、
うきょちのチャンネル取得に関しても、
よく思わないものがいるのも事実だろう。

目に見えてのアンチの数は少なくなっていると思うが、
それでもうきょちには、
アンチの数はそれなりにいると思う。

しかし、
うきょちはアンチの声には、
全く耳を貸す必要は無い

スポンサーリンク

方向性は間違っていない

ゲーム実況というのは、
非常に稼げる分野である。

それは、
実際にゲーム実況で稼いでいる人数の多さ
またその額の多さを見れば、
分かることだろう。

海外のyoutuberでいえば、
topのpewdiepie年収17億

同じニコ生でいえば、
キヨの年収も軽く1億を超えている

ニコ生主として十分過ぎる程の知名度があったうきょちならば、
チャンネル取得も、
会社を辞める選択も、
あながち間違いではないように思う。

うきょちの現在の活動

うきょちの現在の活動は、
ニコ生での放送がメインで、
ニコ生の放送などを、
youtubeにアップロード
そして、
不定期で配信サイトビームで放送をしているというものだ。
(ビームは今はmixerという名前に変わっています。)

この活動自体も、
全くずれていない。

当然、
チャンネル会員のことがあるし、
今までお世話になったニコ生での活動をメインにするのは、
いいことだと思う。

それでいて、
youtubeでの新しい基盤作りも忘れない

また、
ビームからお金を貰っているのかどうかはわからないが、
将来性のあるビームのような新しいサイトで、
トップ放送主として、
基盤を築いていくのもいいだろう。

更に、
ツイッターなどでも、
しっかりとフォロワー(リスナー)のリプにも対応し、
ニコ生などでも、
しっかりとコメントを拾い
リスナーを大事にしている姿勢は伝わってくる

今日の放送では、
パソコンを新しく買うだの買わないだのの話をしていたが、
商売道具のパソコンに投資するのは、
(特にゲーム実況者は。)
非常に理に適っているし、
またうきょちのチャンネルである、
うきょちゃんねるのデザインも非常に凝っており
(たぶんどこかに頼んでお金をかけたのだと思うが。)
ここも、
お金をかける場所としては、
非常に素晴らしい投資である。

うきょちはセンスがいい

うきょちの配信スタイルなども、
新作ゲームばっかりするのではなく
レトロゲームもしてみたり、
それでいて、
今はやりのゲーム実況スリザリオやPUBGなど)も、
しっかりとやっていくあたり、
非常にセンスの良さを感じる

うきょち自身、
何か確信があってか、
誰かに指示されているのかは知らないが、
方向性はばっちりである。

後は、
継続して活動し、
固定ファンをさらに増やすだけである。

リスク分散

当たり前の話であるが、
会社員でない以上
リスクを分散させることは当然である。

収入の柱は多い方が安定するし、
収入源を一つに依存することは危険である。

愚かなアンチは、
ニコ生を裏切ったなどと言っていたりしているが、
ニコ生は100%沈む泥舟だということを、
わかって発言しているのだろうか?

また、
ニコ生の公式に出ることや、
外部サイトで配信することに文句を言っているバカもいるが、
公式に出ることで、
収入も安定するし、
(また、たくさんの人に知られる機会も増える。)
外部サイトで配信することで、
(特にyoutube)
たくさんのユーザーに知られる機会も増える。

うきょちのyoutubeチャンネルで、
愚かなリスナーがニコ生の寒いノリで、
bad評価をつけているが、
ニコ生を知らない、
うきょちを知らない人間からすれば、
単純にbad評価がついていれば、
見る気を無くす人もいるだろうし、

広告がつくかどうか
また広告の質
youtubeのアルゴリズム
検索順位他サイトへのおすすめに出現するなど
BAN基準などに、
高評価低評価率は大きく影響していることはわかっているのだろうか?

君たちの愚かな行為が、
うきょちのこれからの進路をふさぐことになっていることが分からないのだろうか?

元企業人の強み

さらに、
うきょちは元ホワイト企業勤務らしいが、
(詳しいことは知らない。)
このへんも、
今後の活動に大きく影響してくるだろう。

勿論プラス方面にだ。

特に、
youtuberなどに多いのだが、
若いyoutuberは、
社会経験が無い人が多いので、
一瞬で炎上して、
全てを失う人も多いが、
うきょちに関しては、
社会経験もあり
ニコ生主としては、
かなりクリーンな放送の部類なので、
更に活躍の幅が広がることが予測されるだろう。

終わりに

いろいろと言ってきたが、
うきょち自体が、
非常にしっかりしているので、
仕事面に関しては問題無いだろう。

自分が信じた道を進めばいい。

ホワイト企業ならなおさらだと思うが、
会社員を辞めることは、
大きな勇気が必要だったことだろう。

その大きな勇気を振り絞って、
英断をしたうきょちには、
必ず素晴らしい未来が待っているはずだ。

頑張れ、エ〇大福