野田草履といえば、
ニコ生で頭角を現した
外配信系雑談ニコ生主である。

野田草履も、
他の人気ニコ生主と同様に、
現在配信以外の仕事をしておらず、
配信業として生活をしているが、
野田草履には大きな問題点がある

今回は、
そんな野田草履の大きな問題点に関して、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

メンタルが弱い

まずは、
メンタルが弱いということ。

野田草履は、
色んな人をdisりまくっているくせに、
自分のメンタルが弱すぎる

Disり芸諸刃の剣で、
誰かをDisれば、
そのDisが正当なものでない限り、
自分に跳ね返ってくる

そもそも、
野田草履のDisは、
正論ではなく、
ただの僻みやっかみなことが多く、
(最近の例だと、
過去に北野武をDisっていたことがバレて、
ニコニコ超会議でのたけしとの共演も無くなったが。)
仮にそのDisが正論だったとしても、
Disをすれば、
そのDisをした相手の囲いから、
必ず反撃のパンチを受ける。

そして、
野田草履の場合、
Disをしては、
相手の囲いなどからの反撃に遭い、
そのたびに、
殻に閉じこもり、
有料配信に逃げ、
自分の囲いだけに配信し、
傷を癒してもらう。

まあ、
それ自体は別に野田草履のスタイルなので、
好きにすればいいと思うが、
そのスタイルでは、
多くの野田草履に共感してくれる人や、
共感してくれるファンを増やすのは難しいだろう。

色んな人に頼りすぎ

次に、
色んな人に頼り過ぎでいること

まぜポ
ママポ
という言葉があるように、
そもそも野田草履のチャンネルは、
七宝警備に取ってもらったものだし、
家賃も野田草履の母親に出して貰っているようである。

何度も言うが、
そういう風に援助をしてもらうこと自体は、
野田草履のスタイルであれば、
別に何とも思わないが、
仮にもツイッターなどで政治批判や、
自身の放送で、
様々な著名人を批判している人間がふたを開けてみれば、
全く自立しておらず、
様々な人に援助を受けている実情なのであれば、
多くのファンを獲得することは難しいだろう。

売名し過ぎたツケ

最後に、
売名を繰り返したツケ

これは、
野田草履だけの問題ではないが、
売名を繰り返し、
大きくなった人間には、
必ずアンチが多くつく

野田草履の場合も、
様々な人の名前を放送で出して、
炎上しては売名を繰り返し大きくなったわけであるが、
売名は確かに、
自身のコミュニティを大きくしたり、
新しいファンを作る上で役に立つことも多いが、
その反面、
アンチを連れてくることも多く、
野田草履の場合、
決して強くないメンタルとアンチの相性が非常に悪く、
アンチが多いことも、
野田草履を苦しめているように思う。

終わりに

とはいうものの、
野田草履は間違いなくニコ生の才能が有り、
普通にタレント性もある人間である。

メンタルが弱いことも、
それが個性だといえることもあるだろうし、
現状、
野田草履が枠を開けば、
それなりに人数が集まることを考えれば、
野田草履の方向性自体は、
そこまで間違っているものでは無いだろう。
(事実、野田草履の外配信は、
普通の人が出来ないことをやるので面白い配信が多い。)

ただ、
メンタルが弱くて、
直ぐに自分の殻に閉じこもってしまうクセは直した方がいいだろう。

ニコ生主としてやっていくならば、
メンタルが弱いということは、
マイナスにしか働かないからだ。