井の中の蛙大海を知らず
でお馴染みのニコ生NO1雑談系生主の横山緑さんは、
放送の企画が無いことでも有名である。

最近だと、
自分で考えたサバイバル企画を秒速でチャオり、
また何が楽しいのかわからないが、
ひたすらきゅうりを食べていたりもしていたが、
横山緑本人も言っているように、
横山緑には企画が無い

なぜ、
横山緑には企画が無いのだろうか?

その理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

金をかけようとしないから

まず初めに、
金をかけようとしないから

テレビでもなんでもそうだが、
やはりお金をかけた企画の方が面白い

最近だと、
ティロ・フィナーレ加川が、
四国に旅行に行っていたり、
よっさんこと森義之が、
愛媛の乞食こと永井先生に会いに行っていたりするが、
そのようにお金をかけてやっている企画は、
非日常な感じがするので、
非常に面白い

しかし、
横山緑は基本的に、
企画にお金をかけようとしないので、
それでは尖った企画をしにくくなる

家で済まそうとしているから

次に、
家で済まそうとしているから

ニコ生最大の売りは、
外配信である。

外配信は、
リア凸祝電など、
様々なことが起こり、
非常に面白い。

横山緑の場合、
そこまで極端に外配信が少ないわけではないが、
最近ならよっさんのジャイロキャノピー配信や、
野田草履の外配信などと比較すると、
行動力が若干落ちる。

生活に困っていないから

最後に生活に困っていないから

もし横山緑が、
本当に生活に困っていたら
更にしっかりとした企画を組み、
必死でチャンネル会員を増やそうとするだろう。

単純に今のままでも、
生活する分にはそこまで困っていないので、
必死感が無いのである。

終わりに

とはいうものの、
横山緑自体は、
ほぼ毎日放送をしており、
またもう8年間も生放送をしているので、
企画が無くなるのも分からなくもない気がする。

が、
リスナーから不満の声が上がるのは、
それだけ横山緑への期待の裏返しだと思うので、
横山緑はニコ生最後の砦らしく、
雑談系ニコ生主を引っ張っていってもらえればと思う。