ウナちゃんマンといえば、
ニコ生の元祖乞食であり、
かつてはいい意味でも悪い意味でも非常に注目を集めていたが、
(悪い意味の方が圧倒的に多いが。)
ネタではなく、
そんなウナちゃんマンは最近完全にオワコンである。

なぜウナちゃんマンは、
完全にオワコンになってしまったのか

その理由について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

年齢の限界

まず初めに、
年齢の限界

流石にウナちゃんマンは年を取り過ぎた。

今のウナちゃんマンの年齢で、
他の若い生主と戦うのは難しい。

どんな人でも抱える問題だと思うが、
若い人間の方が勢いがあり、
面白いことが多い。

他の優秀な配信者の台頭

次に、
他の優秀な配信者の台頭

youtuberという言葉があるように、
今では、
放送することや、
動画を投稿することで生活をする人も少なくなく、
面白い人がいっぱいいる。

単純にウナちゃんマンよりも、
面白い人が増えたので、
必然的にウナちゃんマンがオワコンになったいうことである。

単純に面白くなくなった

最後に、
単純に面白くなくなったこと

少し前までのウナちゃんマンは、
いい意味でも悪い意味でも、
目立っていて、
それが面白いことも多かったが、
最近のウナちゃんマンはマジで面白くない。

ティロ・フィナーレ加川と言い合いをしているようだが、
それも別に面白くもなんともなく、
ウナちゃんマンの囲いが気持ち悪いという印象しかない。

面白くないので、
人が集まらず、
オワコンになったということである。

終わりに

ウナちゃんマンも他のニコ生主と同様に、
クズを売りにして、
人気が出たのだが、
ウナちゃんマン自身が高齢化してしまったのと、
他にもっと面白い生主が出現してしまったせいで、
完全にオワコンになってしまった。

今では、
細々とふわっちで放送して乞食をしたり、
ツイッターで、
ウナちゃんマン自身の口座を晒して乞食しているようだが、
全盛期のような乞食の収入は無いように思う。

今よりももっと、
生活がヤバくなれば、
もっと配信にも力を入れるかもしれないが、
ウナちゃんマンの場合、
目に見えない太いパトロンがいると思うので、
ウナちゃんマンが今よりも面白くなることは無いだろう。

ウナちゃんマンは完全にオワコン。